猫コラム

うちの猫は標準!?3ヶ月の猫の大きさや食事について

投稿日:

「初めて子猫の世話をはじめている」という人も、「飼い猫が赤ちゃんを産んだ」という人も気になるのは猫ちゃんの成長の度合いですよね?
同じ年齢の猫ちゃんと比べるとうちの子は痩せているのかな?太っているのかな?と心配になりますよね。

今回は、子猫を健康に育てていくために、3ヶ月頃の猫ちゃんの大きさや食事、運動について調べてみました。

3ヶ月頃の大きさ

この時期の猫ちゃんの標準体重としては1.0kgほどです。1.0kg~1.5kgぐらいなら順調に育っていると言えるでしょう。

毎日少しずつですが成長しているので、体重が増えることがあっても減ることはありません。
もしこの時期に体重が減っているのなら、病気の疑いがあるので一度動物病院で診てもらいましょう。

子猫のご飯

毎日すごいスピードで成長しているとはいっても、まだまだ3ヶ月の赤ちゃん。このころから母乳やミルクから子猫用のご飯に代わってきます。

この時期は子猫用の離乳食やドライフードを猫用ミルクで柔らかくしたもののいずれかをあげます。
子猫はまだ消化をする力が未熟なので、お腹に負担をかけないように1日3~4回に分けてあげましょう。

この時期の猫ちゃんは育ち盛りで、遊び盛りなため食欲旺盛です。少しぐらいならご飯の量を増やしてもいいのですが、あまりにも多く与えすぎると肥満になるので気をつけましょう。

運動

好奇心旺盛で遊び盛りのこの時期は運動不足の心配はないかもしれませんが、比較的飼い猫は運動不足になりがちです。
そのため飼い主さんが積極的に遊んであげたり、運動量を増やす工夫をしましょう。

たとえば、遊んだり運動をした後にご飯をあげるという流れを作ると、それは狩りをして獲物をとって食べるという行動に置き換えやすく、習慣にしやすいのでおすすめです。

また、猫は高いところが好きなので上下運動ができるようなキャットタワーを置いたり、家具で段差を作って運動できる場所を作ってあげるのもいいでしょう。

まとめ

3ヶ月頃の猫ちゃんは、体重1.0kg~1.5kgが標準です。

この時期の猫ちゃんには、

  • 子猫用の離乳食やドライフードを猫用ミルクで柔らかくしたもの1日3~4回に分けてあげる
  • たくさん遊んで運動不足にならないようにする
  • 遊んだり運動をした後にご飯をあげるという流れを作ってあげる

などの工夫をしてあげるようにしましょう。
猫ちゃんが健康に成長できるようにしてあげてくださいね。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫コラム
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.