子猫

5ヵ月の子猫のご飯はどうやってあげたらいい!?

投稿日:

毎日毎日どんどん成長していく子猫。5ヵ月にもなると、生まれた時に比べたら
かなり大きくなっていますよね。

最初はミルクしか飲めなかったけれど、5ヵ月にもなったらどんなご飯をあげたらいいの?
今回は5ヵ月の子猫のご飯のあげ方について調べました。

5ヵ月の子猫ってどこまで成長しているの?

初めは手に乗るくらい小さかった子猫も、5ヵ月になるとだいぶ成長してきます。

人間では8歳

5ヵ月の子猫は人間でいうと8歳くらいになります。
小学校低学年でまだまだ遊びたい盛りですね。

体格は成猫とほぼ同じ大きさですが、元気でよく動き回る姿は
まだまだ子供っぽくてかわいいですよね。

この他にも、一人で留守番ができるようになり、成猫とほとんど同じ
育て方でも大丈夫になっていきます。

歯が生え変わる時期

人間の子供が乳歯から永久歯に歯が生え変わるように、猫も歯が生え変わります
5ヵ月はちょうどその時期にあたります。

私の家でも、生え変わった歯が落ちていてびっくりすることがありました。
猫も人間と同じように成長していくんですね。

発情期を迎える子も

早い子では発情期を迎える子もでてきます。
大きな声で鳴く、脱走しようとするなどの行動が見られる場合は、
早めの発情期かもしれませんね。

ご飯のあげ方

5ヵ月の子猫はちょうど歯が生え変わる大事な時期です。
この時期のご飯のあげ方にはコツがあります。

ウェットフードからドライフードに切り替える

ウェットフードからドライフードに切り替えます。
少しずつカリカリの割合を増やしたり、カリカリをふやかすお湯の量を少しずつ減らしたりして切り替えていきます。

この時に、フードを一気に切り替えるのではなく少しずつ切り替えるようにしましょう。
一気に切り替えると下痢や便秘になる場合があります。

私の猫の場合は、この切り替えの時期に便秘になってしまったので、カリカリの割合を調整しながら、時間をかけて切り替えました。
あなたも、この時期はご飯を食べた後の便の様子はチェックしてくださいね。

1日3回から4回に分けて与える

見た目は成猫と同じくらいになっても、まだまだ子猫。
一度に食べられる量は少ないので、ご飯は1日3回から4回に分けて与えましょう。

ご飯の量は体重×160~240kcalが目安です。
フードの種類によっても量は変わってくるので、種類や体調によって調整してくださいね。

体重はどれくらい?

個人差や種類によって差がありますが、5ヵ月の子猫の平均体重は1.5~2kgくらいです。
肥満対策には、ご飯を制限するのではなく、よく遊ばせるようにしてください。

この頃の子猫はすごく活発なので、一緒に遊ぶと私たちのほうが先に疲れちゃいますよね。
でも、あなたが積極的に遊ぶことで、コミュニケーションにもなりますよ。

体重が極端に減ったり増えたりする場合は、早めに病院に行きましょう。
病気の可能性があります。
体重管理は子猫を健康に育てる基本なので、しっかり意識してくださいね。

まとめ

  • 5ヵ月の子猫は人間でいうと8歳
  • 歯が生え変わる時期
  • ご飯はウェットフードからドライフードに切り替える
  • ご飯は1日3~4回に分けて与える

5ヶ月の子猫はとっても元気で、育て方もほとんど成猫と同じになるまで成長しています。
活発に動き回るこの時期こそ、ご飯はとっても大事なもの。

あなたの猫が健康に成長できるように、ご飯はあげたいですね。
体の基礎が出来上がるこの時期、子猫の成長を楽しんでくださいね。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-子猫
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.