猫の品種・種類

アメリカンショートヘアを飼いたい!ブリーダー選びのポイントとは?

投稿日:

猫を飼おうと決めたとき、ペットショップで好みの子を見つけるのもいいですが、ブリーダーの元を尋ねるのもおすすめですよ。
アメリカンショートヘアの詳しい飼い方や注意点を、プロに教えてもらえる事はとっても心強いのです!

この記事ではブリーダーを利用する際の"メリット・デメリット""注意点"を紹介します。

好みの子が見つかる

まず、ブリーダーは猫の品種によって専門の知識をもっています。
様々な品種を扱う必要があるペットショップの店員さんより詳しいアドバイスをくれる事が多いですね。
ブリーダーから猫を買う際のメリットをまとめてみました。

  • 安価である

ペットショップは業者を通して私達お客さんに猫を提供します。そのため手数料がかかってしまうんですね。
ブリーダーから直接購入することで、その手数料分安く猫に出会うことが出来ます。

  • 血筋の良い猫がいる

ブリーダーは親猫などの情報から、見た目・性格の遺伝情報を把握しています。
きちんと血統管理を行っているので、アメリカンショートヘアの純血種であることに間違いがあることはないですよ。
また、アメリカンショートヘアは毛色のバリエーションが豊富なので好みの毛色の子が見つかる可能性が高まります。

  • アドバイスをもらえる

アメリカンショートヘア固有の飼い方や注意点はもちろん、あなたの家庭に合う子を紹介してくれます。プライドを持って猫を輩出しているブリーダーは多いので、お家に迎えた後にも相談しやすいですね。

血統に関してはペットショップより確実ですよね。
知り合いが"長毛種"とペットショップで言われて飼った猫が"短毛種"であった事もありました・・・。
稀なケースだとは思いますが、信頼関係が築けない所は不安ですよね。

時間がかかることも…

良いことずくめに思えるブリーダーからの購入にも、デメリットはあります。

  • 良いブリーダーか見極める必要がある

ブリーダーの中には利益中心で、知識の薄い人たちもいます。
良いブリーダーを探すためには前もって口コミなどの情報収集が必要です。

  • 近場にいなければ手間がかかる

近場にアメリカンショートヘアのブリーダーがいない場合、遠くまで足を運ぶ必要がありますよね。
時間や交通費もかかるため、手軽さはないといえます。

パピーミルには気をつけて

ブリーダーは基本的に、よりよい猫を輩出してその品種のすばらしさを広めるよう、愛情こめて繁殖させています。

反対にパピーミルとは、利益を最優先に無理な繁殖をしている業者です。
悪い環境で健康とはいえない猫も繁殖させている場合があり、遺伝子疾患があっても隠して販売してしまいます。

「ここのブリーダーはおかしいな」と少しでも感じたら、やめておきましょう。

見学させて貰おう

インターネットや愛猫家からの口コミなどで目ぼしいブリーダーを見つけたら、ぜひ見学に行きましょう!

猫舎(キャッテリー)へ訪問に行くのには大切な理由があります。
迎えたい猫の様子を見るのはもちろんですが、ブリーダーとコミュニケーションをとる事も必要です。
猫とあなたの相性はもちろん、あなたとブリーダーの相性も確認する事が大切です。

せっかくなら猫を愛しているブリーダーから購入したほうが安全ですからね。
突然行くことは失礼なので、事前に日時を決めてアポをとってから向かいましょう。

まとめ

  • あなたに合う子に出会える

  • ブリーダー選びは慎重に

  • アポをとってから見学に行きましょう

今だ人気の衰える事のない、毛色の種類が多いアメリカンショートヘア。
専門的なブリーダーの力を借りれば、好みの毛色であなたと相性の良い子に出会える確率も上がるかもしれません。

ぜひブリーダーの元で、あなたの新しい家族を見つけてくださいね!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫の品種・種類
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.