猫全般

猫用の絆創膏!?怪我しちゃったときはどうしたらいい!?

投稿日:

絆創膏って貼るタイプと液体タイプがありますよね。

私はよく指があかぎれになってしまうので、
「貼るタイプと液体タイプ」両方使います。

猫も外から帰ってくると、「ケガ」してるときありませんか?
傷ができてると心配になりますよね。

痛そうだから、
ガーゼとか絆創膏を貼ってあげたいんだけど…。

でも猫って毛がふさふさしてるから
貼りづらそうなんですよね…。

「あれっ、猫に絆創膏は貼ってもいいのかな?」

傷は気になるけど猫に絆創膏…?

猫用絆創膏はないのか、気になりますね!!

この記事では猫にも
絆創膏を貼れるのか?猫用絆創膏を作る方法を紹介します。

人が使う絆創膏は使えない

貼るタイプの「絆創膏」は簡単に貼れるから、
良さそうですよね。

ただ剥がすときに毛が抜けそうで痛そう…。

「液体タイプ」は使えそうですね。
傷口にさっと塗れるから、剥がさなくてもすみそうです。

でも液体タイプって染みるんですよね。
乾くのも時間がかかるし…。

ということは、私たちが普段使ってる絆創膏は猫には使えない!!

うーん、じゃあ猫が怪我をしたらどうしたらいいんですかね?

傷口に触らせない

あなたは怪我をした場所は、触らないですよね。

でも猫は「痛みや、痒み」があるとその場所を舐め続けます。

傷口に触るとなかなか治りにくいので、触れないようにしておきましょう。

エリザベスカラーを着ける

エリザベスカラーを知ってますか?

傷を悪化させることを防ぐ為の保護具なんです。

邪魔そう、動きづらそうだからといって、取っちゃダメですよ。

「悪化させるのを防ぐ保護具…」

ということは、エリザベスカラーは
猫用の絆創膏と思っていいのでは?

舐めたり、触ったりしなければ、傷は早く治りますからね。

しかも、外す時の負担も少ないですよ。

猫用保護服を着せる

猫に服を着せてみるのも、いいですよ。
エリザベスカラーよりも動きやすいです。

何よりいろんな柄があって可愛いんですよ。

服を着ることに抵抗のない猫なら、
保護服で傷口を隠すのもアリですね。

エリザベスウエアという保護服がありますよ。

こちらは猫を思って作られているので、安心して使えます。

・「術後服エリザベスウエアR」は、服を着用することで
傷舐め防止と傷口保護をするという画期的な発想のアイテム。
カラーのように動作を妨げることがないので、
術後のストレスを大きく軽減できます。
出典 : https://www.elizabethwear.jp/item/16-06070-1.html

「エリザベスカラーと猫用の保護服」で、
傷口には触れないようにしましょう。

エリザベスカラーを作る

家にエリザベスカラーや保護服がない場合もありますよね。

そんな時は作っちゃいましょう!!

「そんな簡単に作れるの?」って思いますよね。

大丈夫です、簡単に作れますよ。

  • クリアファイルを用意する

まずは家にあるクリアファイルを用意しましょう。
ハサミで大きく切り開きます。

  • 円錐形に切り取る

エリザベスカラーは円錐形なので、
円錐形になるように切り取ります。

  • 猫に取り付ける

円錐形に切り取ったら、テープで取り付けてあげましょう。

テープで取り付けるので、猫の首回りに合わせることができますよ。

はい、簡単にエリザベスカラーができました!!

軽い怪我であれば、
「簡易のエリザベスカラー」で、対処できそうですね。

怪我の状態が良くならないときは、すぐに動物病院へ連れていきましょうね。

まとめ

  • 人の絆創膏は使えない
  • エリザベスカラーは猫の絆創膏
  • エリザベスカラーを作る

人の絆創膏を貼ってしまうと、猫に「負担」がかかります。

ですが、エリザベスカラーだと「負担」も少ないです。

猫にとって安全なので、猫用絆創膏として使って下さいね。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫全般
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.