キャットフード 猫全般 猫のご飯・健康管理

子猫用と成猫用のキャットフードの違いとは!?

投稿日:

キャットフードって、いろいろありますよね
味の違いだけでなく、年齢別のキャットフードもあります。

でも、子猫ちゃん用と成猫ちゃん用のキャットフードって、何が違うのでしょうか?
おうちの猫ちゃんが食べるものですから、それぞれの違いを知っておきたいですよね。

スポンサーリンク
[quads id=1]

子猫用と成猫用のキャットフードの違い

実は、子猫ちゃんと成猫ちゃんでは、必要な栄養素や摂取カロリーが違うんです。
ですから、それぞれのキャットフードの違いは、そこにあります。
それでは、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

含まれているカロリー数が違う

子猫ちゃんが成猫になるのは、1年ほどです。
それまでの間、猫ちゃんはどんどん成長していきますから、その分たくさんのエネルギーが必要になります。

実は、子猫ちゃんが一日に必要なカロリーは、

  • 子猫ちゃんの体重(kg)×200kcal

一方、標準的な成猫ちゃんの一日に必要なカロリーは

  • 成猫ちゃんの体重(kg)×80kcal

と、大きな差があるんです。

ですので、子猫ちゃん用のキャットフードは、カロリーが高めに作られているんです。

含まれている栄養素の量が違う

また、子猫ちゃんは、体の成長のために、タンパク質をたくさん必要とします。
また、骨を作るカルシウムなども、成猫ちゃんよりも多く摂取する必要があります。

成猫ちゃんになると、もう体は出来上がっているので、それを維持するための栄養が必要になります。
ですので、子猫ちゃん用のフードより栄養分が抑え目になっています。

スポンサーリンク
[quads id=1]

子猫ちゃんに成猫用キャットフードを与えても良いの?

ここで、ふと
「子猫ちゃんに成猫ちゃんのごはんをあげてもいいのかな?」
と疑問に思った飼い主さん。

ちょっとそれは問題かもしれません。
その理由を見てみましょう。

カロリー不足になるかも

先ほど触れたように、子猫ちゃんと成猫ちゃんの必要なカロリー数は大きな差があります。
ですから、もし毎日子猫ちゃんが成猫ちゃんのごはんを食べていると、摂取カロリーが足りなくなります

子猫ちゃんは、一度にたくさんごはんを食べることができません
ですので、少ないごはんでも、十分にカロリーを摂る必要があるんです。

発育不良を起こすかも

また、成猫用キャットフードに含まれる栄養素だけでは、子猫ちゃんは満足に大きくなれません。
子猫ちゃんは、成猫ちゃんよりたくさんの栄養が必要です。

逆に、成猫ちゃんに子猫ちゃん用のごはんを与えると、肥満の元になります。
こちらも注意してくださいね。

まとめ

子猫用キャットフードと成猫用キャットフードの違いは、

  • カロリー数

  • 栄養素の量

です。

子猫ちゃんは、このどちらも成猫ちゃんよりもたくさん必要とします。
子猫ちゃんのフードには、カロリーも栄養も多く含まれています

ですので、もし成猫ちゃん用のごはんを与え続けていると、子猫ちゃんは十分に成長できない可能性があります。
逆に、成猫ちゃんに子猫ちゃん用のご飯を与えると、肥満の元になります。

それぞれのステージに合ったフードを選ぶようにしましょうね!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-キャットフード, 猫全般, 猫のご飯・健康管理
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.