キャットフード 猫全般 猫のご飯・健康管理

添加物にご注意!?大切な猫に与えるキャットフード選び! 

投稿日:

キャットフードを購入するとき、何を基準に選んでいますか。

価格?メーカーの知名度?
それもひとつの目安となりますが、大切なのは配合されている成分です。
特にキャットフードに含まれている添加物には注意しましょう。

この記事では、キャットフード選びの際に確認してほしい添加物について説明します。

スポンサーリンク
[quads id=1]

なぜ添加物がはいっているのか

キャットフードはたくさんの油脂が含まれているため、酸化しやすい傾向があります。

品質を安定させ、長期間流通できるように、多くの製品で酸化防腐剤防腐剤などが配合されています。
また、見た目をよくするために着色料、美味しそうと思わせるために香料を配合しているフードも。

しかし、実は添加物の中には体に害となる可能性が指摘されている物も少なくありません。
ところが、日本はペットフードに関する規制が緩いために、平気で危険な添加物を配合しているメーカーがたくさんあるのです。

体の小さな猫に、毎日毎回添加物の入ったキャットフードを与え続ければ、アレルギーや病気になる可能性は当然高いものとなるでしょう。
危険な添加物が入ったフードは愛猫のために選ばないようにしてあげてください。

注意した添加物とは

特に注意したい添加物は次の通りです。

酸化防止剤

酸化防止剤として使われるている添加物で特に注意が必要なのが、エトキシンBHABHTです。
エトキシンは駆除剤除草剤に使われるような物質で、人間の食品に使用することは禁止されています。
BHAやBHTと合わせて、いずれも発がん性が指摘されています。

発色剤

亜硝酸ナトリウムは色を鮮やかにするのに用いられることが多いですが、これも発がん性が指摘されている危険なものです。

着色料

赤色〇号、青色〇号という表記されている、色をきれいに着けるために使用される添加物です。
特に赤色2号・3号、40号などは発がん性アレルギー発症の危険性が指摘されています。

スポンサーリンク
[quads id=1]

天然の添加物なら心配いらない

このように、合成添加物は危険性が指摘されているものが数多くあります。
ただし、添加物が何から何までダメなわけではなく、天然由来の物であれば問題ありません。
ビタミンCローズマリー抽出物緑茶カテキンなどの天然由来成分が酸化防止剤などで配合されていることがありますが、その場合は特に心配はいりません。

まとめ

多くの合成添加物は猫の体を脅かす危険があります。
ほんとうに愛猫が大切なら、合成添加物を使用したキャットフードは与えるべきではないでしょう。

スーパーやペットショップで販売されている安価なキャットフードのほとんどは、合成添加物を使用しています。

プレミアムフードとして売られている比較的高価なキャットフードでも、BHAを使用しているものがあります。

高いからといって必ずしも良質とは限らないのです。
購入の際は、必ず成分表示を確認するようにしましょう。

合成添加物を使用していないキャットフードは長期の保存が効かないため、
スーパーなどに流通させず、オンラインのみで販売していることが多いです。

良いフードを選ぶために、ぜひネットで探してみることをおすすめします。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-キャットフード, 猫全般, 猫のご飯・健康管理
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.