キャットフード 猫全般 猫のご飯・健康管理

あげすぎ危険!?猫の大好物チャオチュール!!

投稿日:

ペットショップに行くと、たくさんの種類の猫のおやつが売っていますよね。
その中でも、猫から絶大な人気を誇るのがチャオチュールです。

人気なのは分かるけど、あげすぎは危険とも言われています。
今回は、猫のおやつチャオチュールについて調べました。

チャオチュールってどんなもの?

チャオチュールとは、いなばペットフード株式会社が販売している有名な猫のおやつです。
目の色を変えてとびつく猫や、普段はおとなしいのにチャオチュールだけはがっついて
食べる猫もいるなど猫の大好物です。

液体状で食べやすく、味の種類もたくさんあるのが特徴です。

味は、まぐろ、かつお、とりささみ、まぐろ&ほたて貝柱、宗田かつお&かつお節
の5種類がスタンダード。
他にも子猫用、11歳からの高齢猫用、健康を意識したものなどたくさんの種類から
選ぶことができます。

私の猫は14歳なので、11歳からの高齢猫用のものをあげています。
あげるとあっという間に食べきってしまうし、美味しそうに食べるので
またあげたくなっちゃうんですよね。

あげすぎたらどうなるの?

猫の大好物のチャオチュールですが、ねだるからと言ってあげすぎはよくありまあせん。

栄養不足になる

チャオチュールは、バランスよく栄養がとれる総合栄養食ではなく一般食です。
一般食は栄養バランスが偏っているので、それだけでは栄養が偏ってしまいます。

人間が、おやつばかり食べていたら栄養バランスが偏るのと同じですよね。
チャオチュールは、普段食べるキャットフードと合わせて与えるようにしましょう。

太る

チャオチュールは1本で7kcalあります。

成猫の1日に必要なエネルギーは体重×64kclなことを考えると、
1本で7kcalはけっこう大きいですよね。

私の家では、チャオチュールをあげた日は夜のフードの量を少し減らしています。
普段与えているフードとのバランスを取らないと、太ってしまうので気を付けましょう。

普段のキャットフードを食べなくなる

チャオチュールを毎日与えると、普段食べているキャットフードを食べなくなることがあります。

チャオチュールだけ食べていると、栄養不足や肥満の原因になります。
美味しそうに食べる姿はとてもかわいいですが、毎日続けて与えるのは控えましょう。

チャオチュールを与える時の注意点

せっかくの猫の大好物なら、猫の健康も考えて正しくあげたいですよね。

毎日のようにあげすぎない

あげすぎは栄養不足や肥満の原因です。
お留守番した時のごほうびや、コミュニケーションをとる時にたまに与えるなど、
限定して与えるようにしましょう。

私の家では、週に1回ほどコミュニケーションの一環であげています。

手術後、肥満、病気の場合は獣医に相談する

去勢手術直後や肥満、何か病気を抱えている場合は、獣医さんに相談してから
与えるようにしましょう。

まとめ

  • チャオチュールは液体状の猫の大好物
  • あげすぎは栄養不足や肥満の原因になる
  • 毎日あげない
  • 手術後や病気などの場合は病院に相談

猫も人間と同じで、おやつの食べすぎはよくありません。
でも、おやつはコミュニケーションやリラックスのためにも大事なこと。

私の猫も、チャオチュールは大好きです。
健康でいてほしいから、あげすぎないように意識しています。
あなたも、量や回数に気を付けて、大事な猫とチャオチュールを楽しんでくださいね。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-キャットフード, 猫全般, 猫のご飯・健康管理
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.