キャットフード 猫全般 猫のご飯・健康管理

猫が下痢をなった!?そのときの食べ物は何を与えたら良い?

投稿日:

飼っている猫が下痢をすると、心配になりますよね。
猫が下痢をする原因はたくさんあります。

元気で食欲があるなら、しばらく様子を見ても良いこともあります。

下痢が続いたり、便に血や虫が混じっていたり、嘔吐などのほかの症状があったりといったことがあれば、受診してください。

ただ、下痢をしている間、何を食べさせれば良いか悩みますね。

下痢になる原因とあわせて、食欲はあるけれど下痢をしている猫に
与える食べ物は、どうすれば良いかを説明していきます。

スポンサーリンク
[quads id=1]

まずは下痢の原因を知ろう

猫が下痢する場合、次のような原因が考えられます。

キャットフードを変えた

新しいフードに変更すると、体に合わなくてお腹を壊すことがあります。

変更するときは、これまで与えていたフードに新しいフードを少しずつ混ぜるようにして徐々に切り替えるようにしましょう。

出しっぱなしにしていて傷んだフードを食べた

置き餌にしていたら雑菌が繁殖して傷み、それを食べて下痢をすることがあります。
ウェットフードを与えている場合は特に傷みやすいので、いつまでも出しておかず、残った分は必ず片づけるようにしましょう。

人間の食べ物を食べた

飼い主さんが何か食べていると、猫も食べたがることは多いです。

ただ、人間の食べ物は猫にとっては塩分糖分などが多すぎます。
身体に負担となって下痢をすることも。

ほしがっても人間の食べ物は与えないようにしましょう。

アレルギーを起こしている

粗悪なキャットフードなどを食べていると、穀物添加物によってアレルギーを起こし、下痢の症状がでることがあります。

この場合はキャットフードを良質なものに変えましょう。

感染症や病気

回虫やウィルスなどの感染症にかかった場合、元気なのに下痢を繰り返すことがあります。
下痢が続くようなら早めに受診して治療を受けましょう。

スポンサーリンク
[quads id=1]

下痢のときの食べ物は何をどれだけ与えれば良い?

ひどい下痢などで受診して、病院から療養食にするなど食べ物に関して指示があった場合は、それに従ってください。

軽い下痢で様子を見るといったときは、
基本的にいつもと同じキャットフードをいつもと同じ量を与えれば良いでしょう。

いつもと違うものにしてしまうと、食べなかったり余計に下痢がひどくなったりする可能性があります。

また、まれに自己判断で断食させる飼い主がいますが、絶対やめてください。
自己判断による絶食はとても危険です。

いつものキャットフード、何かした方が良い?

ふやかしたほうが良い?

ドライフードをふやかしてみると胃腸の負担が減って良いとする意見もありますが、猫によっては食感が変わってしまうことを嫌がって、食べないことがあります。

試してみて食べるようなら構いませんが、嫌がるならふやかさずにいつもどおりの状態で与えるとよいでしょう。

温めてみるのは良い?

電子レンジでドライフードを温めてみるのはおすすめです。

あまり知られていないことですが、猫は食べ物の美味しさを、
味ではなく匂いで判断しています。

その次に重要なのが食感
食べ物を温めると匂いがたちますので、食いつきが良くなります。

まとめ

  • 猫が下痢する原因は、新しいキャットフードが合わない、人間の食べ物を食べたといったことのほか、アレルギーや病気の可能性もある

  • 下痢をしているときでも、病院からの指示が無ければいつもどおりの食事を

猫が下痢をしていても、すぐに軽快することもありますので、あまり慌てることはありません。
元気で食欲があるなら、餌をいつも通りに与えて様子を見ても良いでしょう。
ただ、いつも置き餌にしているならそれはやめ、新鮮なフードと水を用意してください。

便の様子はよく観察するようにして、心配であれば動物病院に相談するようにしましょう。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-キャットフード, 猫全般, 猫のご飯・健康管理
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.