キャットフード 猫のご飯・健康管理 子猫

仔猫のごはん・ドライフードはいつから?切り替え時期の目安と注意点!!

投稿日:

最初はミルクを飲むのもやっとだったのに、いつしか離乳食もしっかり食べられるまでに成長した仔猫ちゃん。

どんどん成長していく姿を見ていると、一体いつからドライフードに切り替えたらいいのかと悩みますね。

仔猫の体は未熟ですので、早すぎる切り替えは負担になりかねませんし、だからといって遅すぎると成長に必要な栄養が不足するおそれもあります。

そこで、この記事ではいつからドライフードに替えていけばいいかを説明します。

スポンサーリンク
[quads id=1]

目安は生後2か月ごろ

仔猫は、だいたい生後2週間~3週間ごろから乳歯が生えはじめます。
奥歯まで生えそろうのは1か月半~2か月ごろ。

歯が生えそろえば硬さのあるものでも噛めるようになりますので、ドライフードに切り替えるのは2か月ごろを目安とするといいでしょう。

ドライフードは柔らかくふやかす

これまで柔らかい離乳食やウェットフードばかり食べていた仔猫に、
いきなり硬いままのドライフードを与えても、うまく食べられない可能性があります。

最初はミルクやお湯でふやかしてあげましょう。

熱湯をかけると早くふやけますが、絶対に人肌まで冷ましてから与えてあげてくださいね。
触ってみて、ぬるいなと思う程度がいいでしょう。

フードがうまくふやけない場合は、ビニール袋に入れてから綿棒などで叩いて細かく砕いておくのがおすすめです。
細かくしてからお湯やミルクをかけると、早く柔らかくなりますよ。

スポンサーリンク
[quads id=1]

いきなり切り替えないで!

ドライフードを与え始めた時は、いきなり全量を替えないようにすることも大切です。

仔猫の胃腸はまだ未熟ですので、急に慣れないフードにすると消化不良を起こしたり、下痢をしたりする恐れがあります。
また、嫌がって食べない可能性も。

少し面倒ですが、日数をかけて徐々に切り替えていくようにしましょう。
どういうことかというと、

  • 初日・ウェットフード:ドライフード=9:1

  • 2日目・ウェットフード:ドライフード=8:2

  • 3日目・ウェットフード:ドライフード=7:3

  • ・・・

といった感じで、少量ずつ混ぜ、その割合を増やしてていくんですね。

この間、仔猫の様子はしっかり観察してあげてください。
下痢や嘔吐をしていないかチェックし、もし調子が悪そうだなと思ったら、切り替えはストップして少し様子を見てあげてください。

最初は噛まなくてもいいくらいドロドロの状態からスタートして、徐々にお湯やミルクの量を減らしていきます。

1か月くらいかけてそのままのドライフードが食べられる状態までもっていきましょう。

まとめ

  • ドライフードへの切り替えは歯が生えそろう2カ月ごろが目安

  • お湯やミルクで柔らかく、人肌で

  • 時間をかけて慣らすことが大切

ドライフードへの切り替えについて説明してきましたが、時期はあくまで目安です。

3か月になる前からカリカリのドライフードを食べて平気な仔もいますし、成長がゆっくりで時間がかかるという仔もいます。

飼い主さんがしっかり様子を観察して、猫ちゃんにとって良いと思う判断してあげてくださいね。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-キャットフード, 猫のご飯・健康管理, 子猫
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.