キャットフード 猫全般 猫のご飯・健康管理

猫に与える正しい食事の時間と間隔とは!?

投稿日:

人間は基本一日3食ですよね。

適度な間隔をあけて「朝・昼・晩」。
それにプラスして間食をすることもあるでしょう。

猫ちゃんの場合はどうなんでしょう?

人間のように基本一日3食与えていいものなのか。
今日は猫ちゃんに与える正しい食事の時間と間隔について書こうと思います。

スポンサーリンク
[quads id=1]

猫ちゃんの成長にあわせて食事を与える時間と間隔を変えよう。

子猫ちゃんはまだ消化器官が未発達なので、食事は1日3~4時間おきに小分けして与えるのがベストですが、猫ちゃんの成長にあわせて食事の時間と間隔も変わります。

消化器官が発達した大人の猫ちゃんに成長してからは1日2回に食事の回数を減らしましょう。

猫ちゃんは基本こまめに食事を摂る動物ですが、室内飼いの猫ちゃんの場合運動量も少なくなるのでこまめに与えていると、ポッチャリ猫ちゃんになってしまいます(笑)

なので大人の猫ちゃんは1日2回の食事がベストなんです。

スポンサーリンク
[quads id=1]

食事を与える間隔は「朝・夕方」がベスト。

大人の猫ちゃんはドライフードを消化するのに約12時間(約半日)かかるそうです。
ウェットフードだと水分量が多いためもう少し早く消化できるみたいです。

我が家の猫ちゃんが去勢手術をする時に「夕方から餌を与えないで下さい。」と言われた記憶があったんですが、約半日絶食して消化させ胃が何もない状態にするためだったんですね。

猫ちゃんは元々、朝と夕方に狩りをして食事を調達していたそうなので、朝夕の間隔に違和感はないと思います。

極端に食事の間隔をあけてしまうと、イタズラや盗み食いなどをしてしまうことがあるので、ベストが12時間間隔ということになります。

  • 朝6~8時

  • 夕方18~20時

12時間間隔を意識して朝7時にご飯を与えたら夕方19時までにはご飯を与えましょう。

決まった時間に与えよう。

人間と一緒ですね。
生活のリズムを基本決まった時間にしてあげることが大切です。
いつも決まった時間に食事を与えてあげることで体内時計が整います♪

排泄の時間も食事の時間がいつも一緒だとある程度決まってきて、猫ちゃんの健康状態を管理しやすくなると思います。

良いことばかりなので、決まった時間に猫ちゃんに食事を与えるようにしましょう。

まとめ

  • 大人の猫ちゃんの場合、1日2回の食事がベスト。

  • 食事の間隔は「朝・夕方」がベスト。

  • 毎日決まった時間に食事を与えよう。

猫ちゃんは飼い主さんにあわせて生活リズムを変えてくれます。
猫は夜行性といいますが、飼い主さんが夜寝ていれば一緒に寝てくれるはずです。

生活リズムが整うことは本当にメリットしかありません♪
猫ちゃんの食事の時間・間隔を毎日決まった時間にしてあげるように心がけましょう。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-キャットフード, 猫全般, 猫のご飯・健康管理
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.