猫全般

猫が食事回数を減らす理由とダイエットのススメ

投稿日:

もともと猫ちゃんはこまめに食事を取る動物です。

我が家の猫ちゃんもこまめに食べたがっていましたが、今では食事の回数も毎日決まっており、時間も決めて与えています。

何故こまめに与えずに、食事の回数を減らすのでしょう。
今日は猫ちゃんの食事の回数を成長とともに減らす理由を書きたいと思います。

猫ちゃんの食事の回数。

  • 子猫ちゃん

まだ消化器官が未発達のため一度に消化できるご飯の量が少ないので、数時間おきに小分けにして与えます。

子猫ちゃんの場合ミルクを卒業してからの1日の食事の回数はだいたい3~4回です。

  • 大人の猫ちゃん

生後1年ぐらいで立派な大人の猫ちゃんのしっかりした身体になります。
大人の猫ちゃんになるとある程度の量を1回に与えても消化できるので、食事の回数は減り朝と夕方の1日2回になります。

  • シニアの猫ちゃん
    7歳を過ぎたころからシニア猫ちゃんの仲間入り。

若い頃より運動量も減り、のんびりな生活になる猫ちゃんが多いと思います。
歯も弱ってくるし、食欲も若い頃よりなくなります。

なので1回に食べる量にもよりますが胃の負担を減らすために、1日2~4回に分けて与えます。

食事の回数を減らす理由。

猫ちゃんに与える食事の回数が多いとそれだけカロリーを摂取しているということです。

1日の摂取カロリーオーバーはポッチャリ猫ちゃんになります。
可愛く書きましたが、肥満は猫ちゃんとっても危険なんです。

肥満が原因の病気。

  • 糖尿病

  • 皮膚病

  • 便秘や下痢

  • 脂肪肝

  • 膀胱・尿の病気

  • お口の病気

  • 心臓病

  • 関節炎

肥満は怖いんです。

人間も肥満が色んな病気の原因になりますよね?
猫ちゃんも一緒です。

猫ちゃんが肥満にならないように、今与えてる食事の回数を見直して多い場合は減らすようにしていきましょう。

食事の回数は徐々に減らそう。

「よしっ!ダイエットだ!ご飯減らそう。」
と飼い主さんは思うでしょう。

でも急に食事環境がガラリと変わるのは猫ちゃんの身体に負担がかかってしまいます。

猫ちゃんのダイエットは人間よりも長期戦になることを覚悟してください(笑)
まずは与えているおやつを減らしいき、ご飯の回数も理想の朝夕2回を目標にします。

猫ちゃんのダイエットは半年~1年かけて食事を減らしていきゆっくり焦らず取り組みましょう。

まとめ

  • 猫ちゃんの食事の回数は成長とともに変わる。

  • 肥満はとっても危険!肥満になる前に与えすぎてる場合は食事の回数を減らそう。

  • 猫ちゃんのダイエットは長期戦を覚悟して取り組もう。

可愛い猫ちゃんにご飯をおねだりされたら、ついつい与えたくなっちゃいますよね。
でも与えすぎは肥満のもと。

可愛い猫ちゃんが苦しむことになってしまいます。
猫ちゃんの食事の回数を見直して、猫ちゃんの健康のためにも飼い主さんが気を配りましょう。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫全般
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.