猫全般

猫と小麦粉アレルギーについて!!

投稿日:

人間ではよく聞かれる食物アレルギー。
猫にも食物アレルギーがあるって知っていましたか。

今回は猫の食物アレルギーの中でも、意外に多いと言う猫の小麦アレルギーについて解説します。

猫の食物アレルギー

意外と知られていませんが、猫にも人間と同じように食物アレルギーがあります。

魚や肉、卵、小麦など、ある一定の食べ物を摂取した時に、
やたらと顔や体を痒がる、下痢になるなどの症状が出たら、食物アレルギーを疑っても良いでしょう。

意外に多い小麦粉アレルギー

食物アレルギーの原因となっているのは魚や牛肉などのたんぱく質が主ですが、次に多いのが小麦アレルギーです。

多くのャットフードには小麦やとうもろこしなどが使用されており、それを食べてアレルギー症状を起こす猫がいます。
アレルギー症状が見られたのならば、キャットフードに含まれる製品、成分を確認してみましょう。

小麦粉アレルギーではどんな症状がみられるのか

小麦だけではなく、猫がアレルギー成分のものを摂取すると、顔や体を痒がり、良く観察してみると皮膚が赤くなり発疹が出ていることがあります。

特に、顔や耳などに症状が現れ、ひどくなると掻き壊したり、嘔吐や下痢などの症状が現れます。

猫は元々肉食であるため、穀物を消化する力が弱く、そのために小麦などの穀物を摂取すると、アレルギー反応を起こす猫が多いとも言われています。

小麦粉アレルギーの対処法

アレルギーを起こしていることがわかったら、そのフードの成分の何が原因になっているか絞り出すことが大事です。

市販のキャットフードの中にはカサ増しするために小麦やトウモロコシなどの穀物を多く含んでいるものもあります。
特に安価で販売されているフードに多いようなので、フードを変えてみるのも良い方法です。

グレインフリーのキャットフード

穀物を使用していないグレインフリーと言われるキャットフードがいくつか出ています。

最近では、飼い主さんのほうで猫の健康のためにと、グレインフリーのフードを買い求める方も多いそうです。
猫の体のことを考えると、グレインフリーのフードが良いのかもしれません。

まとめ

  • 猫の食物アレルギーには、魚や肉、卵、小麦などがあります
  • 意外に多い小麦粉アレルギー
  • 小麦粉アレルギーでは痒がるなどの症状がみられます
  • 小麦粉アレルギーの対処法には除去食がおすすめ
  • 最近人気のグレインフリーを試すのも良い方法

猫の食物アレルギーのなかでも穀物アレルギーと言うものがあります。
これは、祖先は肉食だった猫が穀物を摂取するようになり、消化しきれなくアレルギー反応を起こすと言われています。

できれば、穀物を除去したキャットフード、グレインフリーのフードに替えてあげるのも良いのかもしれません。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫全般
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.