猫の品種・種類

黒猫にはどんな品種がいるの!?家の元野良は雑種?

投稿日:

黒猫って、どこかミステリアスな雰囲気がとっても魅力的ですよね!
イギリスでは縁起の良い猫としても知られているんですよ。

この記事ではそんな黒猫が存在する"品種""性格"について紹介します。

野良猫は基本的に雑種

現在日本に居る野良猫はほとんどが雑種であると考えられます。
ベースである日本猫と、なんらかの品種の猫が交配した子孫ですね。

耳が垂れていたり、毛がカールしているなどの特徴があれば純血品種の血が混じっているかもしれません。
黒い被毛が現れる品種を5種だけ紹介します。

  • スコティッシュフォールド

  • マンチカン

  • アメリカンショートヘア

  • ブリティッシュショートヘア

  • ノルウェージャンフォレストキャット

お家や近所にいる黒猫の、耳が垂れていればスコティッシュフォールド。
短足であればマンチカンが祖先にいたかもしれませんよ。

上記に挙げた品種以外にも黒い被毛を持つ猫はたくさんいます。
特徴を観察して、予想するのも楽しそうですね。

ボンベイは黒猫しかいない

数ある猫の品種の中で"ボンベイ"という品種の猫には黒猫しかいません

ボンベイは黒ヒョウのようなしなやかな体つきをしていて、目は深いゴールドです。
アメリカンショートヘアとバーミーズを交配された品種なのですが、他の黒猫より際立つ
漆黒の被毛と、シルクのような手触りが特徴的なようですよ。

日本ではあまり流通していない品種なので、探すのであればブリーダーに直接問い合わせる方法が見つけやすいと思います。

価格は30万円前後。
希少さゆえに少しお高めなんですね。

しかし、他の色が混じらない漆黒の猫ってなかなかいないですよね。
輩出までにたくさんの苦労があっただろうと考えてしまいます。

我が家の黒猫(雑種の保護猫)も良く見ると、白や黒が混じっています。
黒猫しかいない漆黒の猫、いつか見てみたいです!

黒猫はとってもフレンドリー

イギリスでは縁起の良い猫とされている黒猫ですが、アメリカでは逆に縁起が悪いと言われることもあります。
"魔女の使い"であるイメージや、黒いカラーがそういった印象を与えたんでしょうね。

でも、実際はとってもフレンドリーで明るい性格をした子が多いんですよ。

猫の性格は、品種はもちろん、性別や被毛の色でも変わるといわれています。
被毛の色を決める遺伝子が関係しているんですよね。

黒猫に多く見られる性格の特徴についてまとめてみました。

  • 人懐こい

警戒心が薄いので、自ら人に近づいてきてくれる事もあります。
頭や頬・鼻をあてて挨拶してくれますね。

  • 好奇心旺盛

遊ぶ事が大好きで、新しいもの・動くものによく興味を惹かれます。
たくさん一緒に遊んでくれますよ。

  • 甘え上手

飼い主に寄り添って過ごすことが多いです。
撫でてほしい・遊んでほしいといったアピールが得意な子が多いですね。

個体差はありますが、品種問わずこれらの特徴がみられる黒猫は多いです。
一緒に過ごせばたくさんの幸せな時間をくれますし、やっぱり幸福を運ぶ猫なのかもしれませんね。

まとめ

  • 黒猫の品種は数多く存在する

  • 黒猫しかいないのはボンベイだけ

  • 黒猫は品種問わず人懐こい性格の子が多い

一概に黒猫といっても、多くの品種の黒猫がいる事に驚きました。
黒猫しかいない品種であるボンベイもあまり見かけないので、珍しいですよね。

我が家の黒猫にはどんな祖先がいたのかな?なんて考えるのも、とっても楽しいです。

あなたによく合う黒猫がみつかるといいですね!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫の品種・種類
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.