猫の品種・種類

三毛猫にも種類はあるの!?海外での呼び名は?

投稿日:

日本猫の代表ともいえる、人気の衰える事がない三毛猫。
その特徴的な3色の被毛は"キャリコ"などと呼ばれていて、海外でも大人気なんですよ。

この記事ではそんな三毛猫の"種類""特徴"について紹介します。

基本的には3種類

3色の被毛をもつ三毛猫ですが、基本的には3種類のパターンが存在します。

  • 三毛猫

【白・黒・茶(オレンジ)】
シンプルな三毛猫の毛色ですね。
柄の無いきれいな3色が特徴です。

  • シマ三毛

【白・黒縞・茶(オレンジ)】

3色の被毛の中の、黒い被毛に"しましま模様"が現れている毛色が特徴的です。
サバミケとも呼ばれていますよ。

  • キジ三毛

【白・黒・茶縞(オレンジ縞)】

3色の被毛の中の、茶色(オレンジ)の被毛に"しましま模様"が現れている毛色が特徴的です。
キジミケとも呼ばれていますね。

これらの種類の三毛猫の中で、色素が薄い子を"薄ミケ"という場合もあります。
パステルカラーのような淡い被毛はとっても人気が高いんですよ。

日本猫の三毛猫は雑種が交配を重ねる事によって生まれたので、海外では珍しいカラーリングだったそうです。

現在では海外でも純血品種の被毛を3色になるよう交配を重ねています。
アメリカンショートヘアやマンチカンの三毛柄も人気が高いそうで、三毛柄は"キャリコ"や"トライカラー"と呼ばれています。

気になる品種の猫ちゃんがいれば、ぜひ三毛柄も探してみてくださいね。

三毛猫の性格

三毛猫は"ツンデレ"や、"プライドが高い"と言われる事が多いです。
特徴をまとめてみました。

  • 人懐こい

あまり人見知りせず、初対面でも物怖じしません。
しつこくされるのは苦手なので、適度な距離感を保ってあげたいですね。

  • 気分屋

突然興味をもったり、突然飽きたりします。
ふいに甘えてくる仕草はたまりません…。

  • 対等な関係を好む

上から押さえつけるような、威圧的な態度をされることが苦手なようです。
信頼関係をつっくり築きたいですね。

とっても猫らしい性格で、猫好きにはたまらないですよね。
また、実は猫の性格には毛色の遺伝子も影響する事もあります。

"シマ三毛"であれば穏やかだったり、"キジ三毛"であれば警戒心が高い子が多いそうですよ。

性格の構成には品種はもちろん、毛色と性別も関係します。
染色体と遺伝子が構成に繋がると言われているんですよね。

オスは滅多にいない

ツンデレな性格の三毛猫ですが、多くのメスの猫は同じようにクールでツンデレな子が多いと言われているんですよ。

その理由として、三毛猫にはオスが滅多に産まれないのです。
メス猫が多いためにメスの性格の特徴が濃く見られているんですよね。

オスが産まれない理由は3色の毛色にあります。
三毛猫の被毛【白・黒・茶(オレンジ)】はメスの染色体(XX)でしか表現できず、オスの染色体(XY)では"染色体異常"を起こさないと表現する事が出来ないんですよ。

当たり前のように目にしていた三毛猫ですが、複雑な遺伝子であの可愛らしい毛色が成り立っているんですね。

まとめ

  • 三毛猫は3種類存在する

  • キャリコ、トライカラーとも呼ばれる

  • メス特有のツンデレ猫が多い

柄のある三毛猫は見たことがありましたが、呼び名もあるんですね。
魚のサバ・鳥のキジに似ているからという理由で、古来よりサバ柄やキジ柄と呼ばれているそうですよ。

日本らしい呼び名も風流で、三毛猫にピッタリですね。

あなたもぜひ素敵な三毛猫を見つけてくださいね!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫の品種・種類
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.