子猫

子猫に与えるミルクの種類と与える間隔・回数とは!?

投稿日:

色々な事情で小さい子猫ちゃんを初めてお世話する場合、何を与えていいのか、どのくらいの量を与えたたらいいのか悩みますよね。

私も生後2週間の子猫ちゃんを拾い、ミルクを与えて育てたことがあります。

ミルクから子猫ちゃんを育てるのは大変ですが、子猫ちゃんにとってのお母さんは飼い主さんだけなのです。

今日はもう一度確認しておきたい、子猫ちゃんに与えるミルクの種類と与える間隔、回数を書きたいと思います。

子猫ちゃんに与えるミルクは必ず子猫用のミルクを与えよう。

生後3週間ぐらいまでの子猫ちゃんの食事はミルクのみです。
全ての栄養をミルクで補うことになるので、しっかり理解して与えなければなりません。

ミルクなら何でもいいわけじゃないんです。

人間用、犬用は絶対に与えてはいけません。
なぜ与えていけないかというと、他のミルクには子猫ちゃんが消化できない成分が入っています。

もし、他のミルクを与えてしまうと、子猫ちゃんは消化できずに下痢や体調不良になってしまうんです。

子猫専用ミルクはお母さんの母乳に近い成分で作られています。
必ず子猫ちゃん専用のミルクを与えましょう。

ミルクを与える間隔と回数は?

  • 生後1週間→2~3時間おきに1日10回程度。

  • 生後2週間→3~4時間おきに1日8回程度。

  • 生後3週間→4~5時間おきに1日5.6回程度。

量は与えてる子猫専用ミルクに記載されていますので、そちらを参考にされてください。

上に書いてある回数はあくまでも目安なので、子猫ちゃんが「お腹減った~ミャ~」と鳴く場合は追加で与えても問題ないですが、与えすぎはお腹を下す可能性もあるので注意しましょう。

子猫ちゃんにミルクを与える時に準備するものと、注意したいこと。

  • 猫用哺乳瓶

市販ですぐ手に入ります。吸い込む部分の穴がどれもだいたい小さめか穴がない場合があるので子猫ちゃんが飲みづらそうな場合は、ハサミなどで十字に開けてあげて下さい。

使用前には必ず熱湯で消毒してから使いましょう。

  • 38~40度ぐらいのお湯。
    ミルクは人間の赤ちゃんと同じで人肌よりも少し温かめにして与えましょう。

  • 子猫専用ミルク
    ミルクの作り置きは絶対にダメですよ!与える度に作りましょう。
    もし子猫ちゃんが飲み切らずに残ってしまっても捨てて下さい!

まとめ

  • ミルクは必ず子猫専用のものを与えよう。

  • ミルクの目安を参考にお腹すいたと鳴く場合は追加で与えてもいい。ただ与えすぎは下痢や体調不良の原因になるので注意。

  • ミルクはその都度作ろう。

子猫ちゃんがミルクを飲み終わったら、お口まわりを拭いて綺麗にしてあげましょう。そのままにしておくと、皮膚病の原因にもなるので子猫ちゃんのお口まわりは常に清潔を保ちましょう。

数時間おきのミルクを与えるのは飼い主さんにとって大変かと思います。
私も夜中に起きて与えるの凄く眠くて最初は大変でした(笑)

ミルクを飲んでる可愛い顔が全て吹き飛ばしてくれます。
子猫ちゃんを我が子と思って頑張ってください♪

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-子猫
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.