猫コラム

家猫がネズミを捕まえてくるのはなぜ!?その理由と対処方法とは?

投稿日:

猫が嬉しそうにネズミを捕まえて持ってきた経験、ありませんか?
家猫がネズミを捕まえてきたらびっくりするし、
衛生面や病気の心配もありますよね。

今回は、家猫がネズミを捕まえてくる理由と対処方法をまとめました。

家猫がネズミを捕まえてくる理由

猫はネズミ以外にも、虫や鳥など小さくて動くものを捕まえる習性があります。
もともと狩りをする生き物で狩猟本能が残っているのですが、
これにはいくつか理由があります。

狩りを教えるため

ネズミを捕まえてけれども食べようとしない場合は、
あなたに狩りを教えようとしている可能性があります。

野性の猫は獲物を捕まえてきて、子猫に狩りの方法を教えようとします。
それと同じで、あなたに「狩りはこうやって獲物を捕まえるんだよ」と教えているんです。

もし獲物が生きたままで元気な状態なら、狩りを教えようとしている可能性が高いです。

私の猫は、夏場になるとベランダに飛んでくるセミを捕まえてきます。
捕まえてきた後は放置しているので、
もしかしたら私に狩りを教えようとしているのかもしれませんね。

褒めてほしい

ネズミをわざわざ目の前に持ってきたりしてアピールする場合は、
褒めてほしいと思っている可能性が高いです。

「こんなすごいものを捕まえてきたよ」と自慢しているんですね。
何かを自慢げに持ってくるところは、猫も子供と同じでかわいいですね。

もしネズミを捕まえてきたらどうしたらいいの?

もし家猫がネズミを捕まえてきたら、「やめて!」と言いたくなりますよね。
でも、猫が狩りをしてくるのは当たり前のこと。
なので怒らないようにしましょう。

まずは「よくやったね」と褒めてあげてください。
そして、猫の見ていないところでネズミを片付けるようにしましょう。

私の猫はセミを捕まえるので、夏の朝は
捕まえてきたセミの鳴き声で起きる時があります…
セミはうるさいし、外に出すのは大変だけど、ちゃんと褒めてあげないといけないですね。

やめさせるには

基本的に、猫に狩りをやめさせることはできません。
完全室内飼育をしない限りは、必ずどこかで狩りをしてきます。
なるべく狩りをしないようにする方法は2つあります。

首に鈴をつける

首に鈴をつけると、鈴の音でネズミが猫に気がつくため、狩りに失敗しやすくなります。
でも、この方法は常に鈴の音がするために猫がストレスを感じやすくなります。

もし、鈴をつける場合は様子をみながらつけるようにしましょう。

動くおもちゃでたくさん遊ぶ

家の中でおもちゃでたくさん遊ぶと、
外に出て狩りをしなくても狩りの感覚を得られます。
動くおもちゃなど、実際のネズミの動きに似たおもちゃを使うのがおすすめです。

たくさん遊ぶことは、猫とのコミュニケーションにもつながります。
普段よりも時間をたくさん作って、一緒に遊んでくださいね。

ネズミを捕まえてきた時の注意点

猫がもしネズミを食べたら、寄生虫を食べてしまったり、
病気や細菌に感染したりする可能性があります。
仮に、その猫と口づけしてスキンシップをとった場合、人間に感染することもあります。

あなたの猫がネズミを食べたら、虫下しを飲ませるようにしてくださいね。

まとめ

  • 家猫は、狩りを教えるためや褒めてほしい時にネズミを捕まえる
  • ネズミを捕まえてきた時は褒めてあげる
  • やめさせるためには、鈴をつけたりおもちゃでたくさん遊んだりする
  • ネズミを食べた時は虫下しを飲ませる

猫が捕まえてくるネズミなどの獲物をプレゼントと呼ぶ人もいます。
私は、猫が初めてプレゼントを捕まえてきた時はびっくりしました。
でも、捕まえてくるのにはちゃんと理由があるんですね。

あなたも、最初はびっくりするし困るとは思いますが、
ちゃんと褒めて、より猫との距離を縮めてくださいね。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫コラム
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.