猫コラム

オッドアイの猫に出会えるかも!?意外な生まれる確率の高さ!

投稿日:

あなたはオッドアイの猫を見た事がありますか?左右の目の色が違って、とっても神秘的で美しいんですよね!

でも、いざ飼ってみたいと思ってもペットショップではなかなか見かけない・・・。オッドアイの猫を飼ってる人はどこで出会ったんだろう?と、私も疑問に思っていました。

そこで、この記事ではオッドアイの猫が生まれる確率と理由について紹介します。

白猫の25%がオッドアイ!

まず始めに、白猫には色素を抑制する遺伝子が流れています。
そのため身体の中で色素を作る細胞が少なく、体毛が白いのです。

そしてオッドアイになる原因として、遺伝による"先天性"のものと、病気などによる"後天性"のものがあります。

医学用語を用いて「虹彩異色症」とも呼ばれています。

虹彩異色症(こうさいいしょくしょう、heterochromia iridis)は、左右の眼で虹彩の色が異なる、もしくは、一方の瞳の虹彩の一部が変色する形質のこと。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%B9%E5%BD%A9%E7%95%B0%E8%89%B2%E7%97%87

オッドアイにおける"先天性の遺伝子異常"も色素の抑制に関わっているため、もともと色素細胞の少ない白猫はオッドアイになる確率が高いのです。
本来の瞳の色から、片目だけの色素が更に薄くなる事で、左右の瞳の色が変わり、オッドアイとなるんですね。
色素の抑制により青に近づくため、その子本来の瞳の色は、青い瞳と反対の瞳の色です。

身体の全体が白い猫でなくても白猫の遺伝子が流れていれば確率が高くなるようです。
私が1度だけ実際に見た事のあるオッドアイの子も、白黒の野良猫でした!

後天性オッドアイの理由

病気や事故、それによる手術によって目の神経を傷つけてしまう事が原因の場合が多いようです。出来る事なら避けたいですね。

障害を持つ確率も高い

猫がオッドアイとなる理由が遺伝子異常であるため、正常な他の猫と比べると身体が弱い傾向にあり、障害や病気を患いやすいと言われています。

特に白猫であると、色素細胞の抑制により聴覚へ影響する器官が作られず、聴覚障害を引き起こす確率が高いのです。
実際にオッドアイの白猫の30%ほどが聴覚障害を患っているそうですよ。

オッドアイで白毛の猫に関しては30~40%で聴覚障害があるようです。
オッドアイの場合は青眼側の耳のみに聴覚障害がでることが
圧倒的におおいので青眼の反対側の聴覚は正常であることが多いです。
出典:http://nekopedia.jp/odd-eye/

自然界で生きる野良猫であれば、耳が聞こえないと命の危険に直接関わりますよね。
家猫であれば外敵に襲われる可能性は低いため、驚かせることのないよう接していれば問題ないように思います。他の正常な猫より、ちょっとだけ丁寧に扱ってあげたいですね。

紫外線にも気をつけよう

色素細胞の抑制=メラニン不足のため、白猫が長時間強い紫外線を浴びると皮膚病やガンの原因になると言われています。
オッドアイの場合は青い瞳にまで影響が出てしまう可能性もあるので、必ず対策が必要です。

飼いたいならネット・電話で情報収集

ペットショップですぐ見つかる訳ではないオッドアイの猫。
やはり品種として確率されない遺伝が関係していますから、狙ってしまうとなかなか出会えないですよね。

運命の子に出会う確率を上げたいのでしたら、ペットショップやブリーダー、
お住まいの地域の動物保護団体に問い合わせの電話やメールをするのはいかがでしょうか?
見つかった際に連絡をしてもらえるよう交渉できたら嬉しいですよね。

他にも、里親募集サイトにて"オッドアイ"と検索すると稀に募集している時があります。
私も見た事がありますが、他の子に比べて里親決定が早かった覚えがあります・・・。

希少さもありますし、神秘的な美しさで人気が高いんですね。

ちなみに、ペットショップやブリーダーから購入する場合、
オッドアイだからという理由で高額になることはないようですよ。

あくまでもその猫の品種が価格には関わるそうです。
珍しい分だけ高くなるようなイメージがあったので、少し意外でした!

まとめ

  • 遺伝の関係で白猫にオッドアイが多い
  • その遺伝から障害も持ちやすい
  • 希少さから、オッドアイの猫は人気が高い

現代ではSNSなどで気軽にその存在をみる事のできるオッドアイの猫。
世界各地でも「宝石の瞳」などと呼ばれ、その美しさに魅了される愛猫家が多いです。

私もオッドアイの野良猫に出会った時は感動して、私などが触ってもいいのだろうか?
と、つい挙動不審になってしまいました・・・。

左右の瞳の色が違うオッドアイの猫は、日本古来より「金目・銀目」と、縁起の良いものとして珍重されてきました。
あなたも街で見かける事があれば、幸せな事が起こるかもしれませんね!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫コラム
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.