猫コラム

家猫にお風呂って必要!?頻度は?お風呂の入れ方までご紹介!!

投稿日:

猫は犬のように散歩の必要がない生き物。汚れることも少なく、匂いも気になりません。

お風呂自体ストレスに感じてしまう猫もいるので、頻繁にお風呂に入れる必要はありません。

そこで、お風呂に入れる時の注意点〜洗い方までご紹介していきます。

お風呂の前の注意点

爪を切る

お風呂に入れる前は、爪を切っておきましょう。

お風呂嫌いの子は嫌がって逃げようとする際に、
誤って飼い主さんを引っ掻いてしまう可能性があります。

体調を確認

お風呂に入れる前にはまず、体調を確認してあげましょう。

鼻水や目やにが出ていないか、風邪を引いている場合はお風呂は控えてあげた方が良いです。

また、ご機嫌が悪い日にお風呂に入れてしまうと、お風呂=嫌な所と覚えてしまうので、

猫の体調が万全で、機嫌の良い日に合わせてあげましょう。

お風呂の入れ方

準備物

  • 猫用のバスタブ(タライでも可)
  • 猫用のシャンプー
  • ドライヤー
  • バスタオル

お風呂の入れ方

バスタブに31〜34度のお湯をためて、先に湯煎に浸からせて汚れを浮かせてあげます。

首から尻尾までしっかり濡らしてあげます。

そのあとお湯から出して、首→背中→お腹→足→尻尾→肛門の順に洗っていきます。

シャンプーを泡だてながら揉むように洗ってあげます。

すすぎはシャワーの先を体に当てながら行います。

泡が残ってしまうと皮膚の炎症を起こしてしまうので、しっかり洗い流してあげます。

乾かし方

ドライヤーを使う前に、タオルドライをしっかりしてあげます。

ゴシゴシこすらずに、押し当てるように優しく拭いてあげます。

ある程度乾いたらドライヤーはLowの温風で、皮膚に直接当てないように
常にドライヤーを動かしながら、手ぐしで乾かしていきます。

最後に、猫用ブラシで綺麗にといてあげて完了です。

どうしてもドライヤーを嫌がる猫には、タオルドライだけして
暖かい部屋で自然乾燥させてあげましょう。

まとめ

  • お風呂に入る前に体調、爪、の確認
  • 準備物の確認
  • 35度のお湯で首→背中→お腹→尻尾→肛門の順に洗う
  • タオルドライ後にドライヤー

ここまで手順をご紹介しましたが、お風呂に入れる頻度は決まっていません。

のつばには衛星を保つ成分が含まれているので、猫同士なめあうだけで清潔は保たれるんだそうです。
出典 http://nekoninaritai.net/seikatu-2/

このことから、本当に匂いや汚れが気になる時だけで良いのかもしれませんね。

猫はストレスを感じやすく、ストレスが原因で命を落としてしまうことも少なくありません。

猫がストレスを感じすぎない程度に清潔を保ってあげましょう。

我が家は3匹猫がいますが、1匹だけお風呂嫌いさんがいます。
いつもその子にはウェットシートで体を拭いてあげています。

表面だけではありますが、それだけでも綺麗になるのでオススメです。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫コラム
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.