猫グッズ

猫用のおむつってあるの!?猫のおむつとおむつカバーの種類とは?

投稿日:

人間と同じように、猫もおむつをするときがあります。
でも、いざ猫におむつが必要となったらおむつカバーがいるのかどうかって
あまり知らないですよね。

今回は猫のおむつとおむつカバーについてまとめました。

猫がおむつをするのはどんな時?

猫も年をとってくると、トイレが間に合わなかったり、
トイレの場所が分からなくなったりして粗相することがあります。

私の猫はおばあちゃんなので、いつおむつが必要になってもおかしくはないですね。

他にも、下半身に障害があって自力でトイレできない場合や、
泌尿器系の病気にかかった場合もおむつが必要になります。

猫用のおむつはサイズがあうものを選ぶ

猫用のおむつは、少し高価ですがペットショップで売っています。
様々なサイズがあるので確認してから買いましょう。

また、それぞれ漏れにくいもの・肌に優しいものなど特徴があります。
比較してみるといいですよ。

人間の赤ちゃん用のおむつも代用できる

猫には猫用のおむつを使うのが理想的ですが、買うとちょっと高いんですよね。
ちょっと用意するのは大変だな・・・という場合は、人間の赤ちゃん用のおむつで
代用
できます。

赤ちゃん用のおむつに尻尾をだす穴をあけて使います。
猫の尻尾の大きさに合わせて穴をあけて、切り口をサージカルテープでカバーします。
テープでカバーしないと、中身の吸水ポリマーがでてくるので気を付けましょう。

ちょっと手間はかかりますが、特売でおむつを買ってくるとかなり節約になりますよ。

おむつカバーは必要?

猫は体が柔らかくておむつがずれやすいので、
おむつカバーはあった方がいいです。

おむつカバーをすることで漏れにくくなり、ずれも防止してくれます。

おむつカバーには、2種類のタイプがあります。

着せるタイプ

つなぎのようになっているのが着せるタイプのおむつカバーです。
手術後に着せるエリザベスウェアの、おしりがしっかりカバーされている
バージョンです。

慣れるまでは着せるのが大変ですが、脱げにくいので安心ですよ。
着せる時は、前足からカバーを通して後ろで固定します。

はかせるタイプ

パンツ型になっているのがはかせるタイプのおむつカバー。
着せるのが簡単なので、服を嫌がる猫にはおすすめです。
着せる時は、おむつカバーをはかせてボタンやマジックテープで固定します。

私の猫は服がきらいなので、おむつカバーをするならこっちになりそうです。

猫の性格や状況に合わせて、ぴったりあうものを選んであげてくださいね。

手作りする時は?

なかなか合うおむつカバーが無かったり、節約したい!という場合は
手作りすることも出来ます。
手作りすると、猫にぴったり合うものを作れるのでおすすめですよ。

ここでは、人間の赤ちゃん用のおむつカバーを使った簡単な作り方を紹介します。
このサイトでは、写真付きで分かりやすく説明しています。
(https://ameblo.jp/chippendale/entry-11069619383.html)

まとめ

  • 猫のおむつはサイズの合うものを選ぶ
  • 漏れやずれ防止におむつカバーは必要
  • おむつカバーは手作りもできる

おむつなんてまだまだ…と思っていても、いつ必要になるかは分かりません。
私の猫も13歳。明日にも必要になるかもしれません。

もしあなたの猫におむつが必要になった時は、ストレスのないように
してあげたいですよね。

それぞれの猫に合ったおむつとおむつカバーを選んで、
猫にとって快適なおむつライフを準備してあげてくださいね。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫グッズ
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.