猫の品種・種類

がっしりして大きい!?ラガマフィンの大きさについて

投稿日:

ラガマフィンといえば、ラグドールにペルシャやヒマラヤンなどの長毛種を掛け合わせて作られた猫ちゃんです。
長毛種を掛け合わせて作られた猫ちゃんなので、ラガマフィン自身も長くてふさふさの毛が自慢です。

また、ラガマフィンの名前にはいたずらっ子ぼろぼろの服を着た子という変わった意味があります。
ラガマフィンはアメリカ原産の長毛種の猫ちゃんで、がっしりとした大きな体で骨太。重量感がある体つきをしています。

今回は、ラガマフィンの大きさや性格、飼うときの注意点についてお話していきます。

性格と特徴

性格はラグドールに似ていて、温厚で人懐っこく、小さな子供に対しても優しく接することができる優しい猫ちゃんです。

見た目はラグドールに似て筋肉質で大きな体をしていますが、ラガマフィンには決まった被毛の色はないです。
単色ではフォーンやクリーム、複数の色ではチョコレート色やホワイトとブラックのバイカラーなどたくさんの種類があります。

また目の色も様々あります。例えばグリーンやブルー、オッドアイの猫ちゃんもいます。
目の形は大きくて卵型をしていて、少し吊り上がっています。

様々な毛と目の色の組み合わせがあり、とてもかわいいですよ。

ラガマフィンの大きさ

ラガマフィンの平均体重は個体差がありますが、オスが7kg~9kgで、メスが4.5kg~7kgです。
ラグドール同様に体はがっしりとしていて筋肉質で、かつ骨太なので全体的にがっしりした良い体つきですよ。

また、ラグドールなどと同様に大きく成長するまでに時間がかかるので、成猫になるまでは3年から4年かかります。

ラガマフィンの飼い方

ラガマフィンは長毛種なので、こまめにブラッシングをしてあげないと毛が絡まってしまったり、毛玉ができてしまったりします。
毛玉の予防のためにも一週間に2~3回はブラッシングしてあげて下さい。

また積極的に運動しないため肥満になりやすいという特徴も持っています。

飼い主さんが遊んであげたり、キャットタワーやキャットウォークを設置してあげたりすることで運動不足を解消してあげることも必要です。
また、食事の量もしっかり調節してあげてくださいね。

まとめ

ラガマフィンの大きさは、オスで約7~9kg、メスで約4.5~7kg程になります。
体型も筋肉質で骨太なので、がっしりした印象の猫ちゃんです。

肥満になりやすいという体質もあるので、たくさん遊んであげて肥満対策はしっかり摂るようにしましょう!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫の品種・種類
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.