野良猫

野良猫を寒さから守る!!簡単に出来る防寒対策とは?

投稿日:

寒い季節、外に暮らす野良猫が凍えてしまわないか心配ですよね。
ご近所さんの猫だったら、保護も出来ないし悩んでしまいます・・・。
そこで!この記事では、お家の軒先に置ける"防寒ハウス"の作り方を紹介します。

発砲スチロールで防寒ハウスを作ろう

発砲スチロールは風を通さず断熱性もあるため、防寒ハウスにぴったりなんですよ!

必要なもの:猫が入れるサイズの発砲スチロール・毛布・重石・ガムテープ

  • 蓋付きの発砲スチロールを用意する
  • 猫が入れる穴を開ける
  • 中に毛布(タオルでも◎)を敷く
  • 中に重石を入れるなどして飛ばないようにする
  • 蓋をガムテープで閉じる

これだけで完成です。お手軽に作れて防寒機能も抜群です。
とっても軽いため、風で飛んでしまわないように注意する事も大切ですね。

直接上に重いものを乗せると危ないので、大きなビニールシートを被せ、そのシートの四隅を重石やペグで止めてしまうのも良いかもしれません。

猫が入れるような発砲スチロールはホームセンターで買えたり、スーパーで貰えることもあります。
お魚の匂いが付いていたら齧ってしまうので、よく洗ったりなどの対策もしましょうね!

ダンボールでも代用できる

良いサイズの発砲スチロールがなかなか見つからない・・・。そんな場合には、ダンボールでも作れちゃうんです。

必要なもの:猫が入れるサイズのダンボール・断熱アルミシート・プチプチ(緩衝材)・毛布・重石・両面テープ・ガムテープ

  • ダンボールの内側にアルミシートを貼る
  • その上にプチプチをはり、またアルミシートを貼る
  • 猫が入れる穴を開ける
  • 中に毛布(タオルでも◎)を敷く
  • 中に重石を入れるなどして飛ばないようにする
  • 蓋をガムテープで閉じる

雨対策として、ブルーシートで包んだりしても良さそうです。
材料は多いですが、すべて100均やホームセンターですぐに手に入りますよ。
ダンボールは通気性があるので、とにかく風を通さないようにする事がポイントです。

寒い季節には家猫も喜んで入ってくれそうなので、お家のなかに置いても良いですね!

住み着く可能性も考えて、相談しよう

野良猫にとって居心地が良くなれば、住み着く事もあるかもしれません。目に見える所で暮らしていてくれたら安心ですよね。

しかし、避妊・不妊手術をしていなければ繁殖して増えてしまうかも。
野良猫の問題点は多く、ご近所トラブルに繋がる恐れがあります・・・。
「防寒ハウスを置いてあげたいな」と思ったら、まずは近所の方と自治体に相談しましょう。
また、他の人の土地に置いてしまわないように注意しましょうね。

お住まいの地域の保護団体によっては避妊・不妊手術のサポートをしてくれる所もありますので、ぜひ一度問い合わせてみて下さい。

まとめ

  • 発砲スチロールは飛ばないように対策を
  • ダンボールは雨・風の対策が必要
  • 事前に家族や近所の了承を得て設置しよう

いくらふわふわの毛が生えていても猫だって寒い時期は寒いです。
雨風に打たれる姿を見るのは、猫好きにとっても辛いですよね。

野良猫が暖をとるために、車のボンネットに入ってしまって起こる事故も多いです。
少しの配慮が野良猫の命を救う事になるかもしれません。

あなたのお家の軒先や庭先に、ぜひ置いてあげてみてくださいね!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-野良猫
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.