子猫

子猫が食欲旺盛すぎる!?欲しがるときはどうしたらいい?

投稿日:

猫はもともと、自分で食欲をコントロールできる動物だと言われています。
ところが、中には食欲旺盛で、与えれば与えただけ食べ、いくらでもほしがる子もいます。

食べないよりは食べてくれた方がいいものの、あまりに食欲旺盛なのも困ってしまいますよね。

ここでは、子猫が食欲旺盛な場合について説明していきます。

基本的には子猫の時期は食べたがるだけ与えても問題なし

子猫の時期は、身体が作られていくのでカロリー栄養がとても必要となる時期。
また活発に動き回りますので、エネルギーの消費も激しくなります。

なので、基本的によく食べます。
ただ、一度に食べられる量が少ないため、ちょこちょこ何度も食べる必要があります。
1日3~5回の食事回数になりますが、それ以外でもほしがったときは少量与えてもかまいません。

成猫になったらきっちり食事量を管理する必要がありますが、生後半年くらいまではさほど気にしなくても良いでしょう。

食欲旺盛な子猫の食事で気をつけたい点とは

ただし、食べた後に吐くようなら、食べすぎの可能性があります。
そのときは与える量を減らしましょう。

また、ほしがっても人間の食事は与えないでください。
人間の食べ物は塩分が多いうえ、ネギやたまねぎなど猫の体に害になる物もあります。

栄養バランスのとれたフードをあげているか?

安価なキャットフードや、同居の成猫ちゃんたちと同じごはんをあげていたりしませんか?
その場合、子猫ちゃんは成長に必要な十分なエネルギーを摂取できていないこともあるんです。

基本的に子猫ちゃん専用のキャットフードには、子猫ちゃんが大きくなるために十分な栄養が含まれています。
また、成猫ちゃん用のフードと比べて、カロリー量も高めに作られています。

とくに子猫ちゃんは、体作りにかかせないタンパク質をたくさん必要とします。
信頼できるメーカーのごはんをあげましょうね。

子猫ちゃんが下痢を起こしていないか?

子猫ちゃんの消化器は、まだ発達の途中です。
ですので、子猫ちゃんは食べ過ぎてしまうと、下痢を起こしてしまいます。

子猫ちゃんにせがまれるままにごはんをあげるのではなく、きちんと一回のごはんの量を計ってあげるようにしましょう。

また、だらだら食いをさせてしまうと、常に子猫ちゃんの胃腸が働きっぱなしの状態になってしまいます。
これも子猫ちゃんにとってはよくないですので、ごはんのお皿はその都度片付けるようにしましょうね。

異常に食欲旺盛な時に考えられる原因

基本的によく食べる時期ですが、あまりに食欲が異常なときは、成長期だけでない原因がある可能性があります。

お腹に寄生虫

野良猫を保護した場合は、お腹に寄生虫がすみついている可能性が極めて高いです。
寄生虫が栄養を吸い取るために、食べても食べても満足できない結果、異常な食欲が出てしまうことがあります。
食べているわりに太らない下痢をするといった症状があれば受診して調べてもらいましょう。

キャットフードの品質が悪い

品質の悪いキャットフードを与えていると、栄養が足りずに食欲旺盛になることがあります。

キャットフードを購入するときは、安いから、国産だから、有名メーカーだからといった理由で選んではいけません。
日本はペットフードに関する規制がかなり緩いため、国産メーカーのキャットフードは品質が良くないものが多いです。

主原料に良質な肉や魚を使っている、たんぱく質の豊富なフードを選んでください。
品質の良いフードであれば、満足して自然と食欲が抑えられる可能性があります。

ストレスによる過食かも

子猫も成長してくると、活発に動き回りたがるようになります。
しかし室内飼いにしている場合は、どうしても運動不足になりがち。

そのストレスが食事に向くことがあります。
15分程度で良いので、おもちゃで子猫としっかり遊んであげてると良いでしょう。

たっぷり動くことですっきりし、よく眠るようにもなって、食欲が自然と抑えられる可能性があります。

まとめ

  • 子猫の時期は、基本的には食べたがるだけ与えても良い

  • 吐く場合は食べ過ぎなので、少し量を控える

  • 食欲が異常にある場合は、寄生虫がいる、フードの質が悪い、ストレスなどが原因の過食の恐れもあるので、適切に対応を

子猫の時期は、ある程度食欲が旺盛でも不思議ではありません。
とはいえ、あまりに食べすぎる場合などは、何か問題が隠れている恐れもあります。

食欲旺盛すぎると思った時は、動物病院に相談してみましょう。
問題がなければ安心できますし、問題があれば適切に処置してもらえます。

子猫ちゃんの健康は飼い主さんしか守れませんので、しっかり見てあげてくださいね。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-子猫
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.