猫全般

愛猫が元気はあるけど食べない・・・理由と解決方法は?

投稿日:

いつも喜んで食べていたドライフードなのに、なぜか今日は食べない。
猫を飼っているなら、こんな経験をしたことがある人は多いかもしれません。

気まぐれな猫は、さまざまな理由からエサを食べないときがあります。
元気があるようならあまり心配はいりませんが、どうしてか不思議ですよね。

そこでこの記事では、猫が元気なのにエサを食べない理由について説明します。

1食程度なら食べなくても問題はない

エサを食べてくれないと、元気であっても心配になりますよね。
成猫であれば1回くらい食べなくても不安に思うことはありません。

ただ、1日半~2日経っても何も食べないのであれば、病院の受診を。
元気があるように見えても、何か病気が隠れていて食べないのかもしれません。
また、食べないことで肝リピドーシスという猫の脂肪肝を発症する可能性があります。

猫がフードを食べない理由

健康に問題はないのに食べないというときは、次のような原因が考えられます。

キャットフードに問題がある

いつも食べているフードの味に飽きて食べないということがあります。
違うフードを少しまぜてみたり、猫用かつおぶしをトッピングしてみると風味が変わるので効果的です。
ただし、かつおぶしを摂りすぎると尿管結石になりやすいと言われていますので、頻繁に与えないようにしてくださいね。

新しいフードにかえたときも、警戒して食べないことがあります。
フードを変更するときは、元のキャットフードに少しずつ混ぜ、時間をかけて切り替えていくようにしましょう。

また、食べないのには、フードの鮮度が落ちて不味くなっている可能性も。
キャットフードの保存は密封容器で行い、古くなる前に食べきれるサイズで購入しましょう。

ストレスのせい

猫が知らないお客さんが来ているとか、引越ししたといったことはありませんか?

猫は環境の変化が苦手
いつもと違うと、ストレスに感じて食べないことがあります。

来客の場合はお客さんが帰ると食べるようになるでしょう。
引越しの場合は、猫が新しい環境に慣れるまでそっとしておくことが大事です。

おやつを食べ過ぎ

猫はおやつが大好き。
ほしいほしいとおねだりされ、与えると大喜びで食べますね。

その姿がかわいいからとついつい与えすぎていませんか。
おやつで満足して食べない場合は、控えるようにしましょう。

おやつばかり食べるのでは、必要な栄養が摂れなくなってしまいます。

老齢であまり動かない

老齢で食欲が落ちていることもあります。
年をとると、猫もあまり動かなくなりますので、それほどカロリーを必要としなくなるんですね。
食べる量が減り、食べないときがあるのはある意味自然なことです。

ただ、あまりに食べないときは、ドライフードを小さく砕いたり、お湯でふやかしたりと食べやすくなる工夫をしてあげましょう。

まとめ

  • キャットフードの味に飽きている、鮮度や匂いが落ちていて美味しくない

  • 来客や引越しなど、環境が変わったことがストレス

  • おやつで満足している

  • 年をとってあまりカロリーを必要としなくなった

猫は食べムラのある生き物ですので、1食分を食べない程度であれば、あまり心配することはありません。

とはいえ、元気はあると思っていたら、実は歯周病や口内炎、何らかの病気などが隠れていたということもあります。
絶食が続いたり、様子がおかしいと思ったりしたら、動物病院で診てもらいましょう。

また、フードの保存状態が悪かったりストレスを感じていたりと、理由があって食べないこともあります。
食べない原因に応じて適切に対処してあげてくださいね。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫全般
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.