猫全般

キャットフードは体に悪い!?キャットフードに含まれる怖い成分とは?

投稿日:

猫が毎日食べているキャットフード。
実は、体に悪い成分が入っているものもあるんです!

大事な猫が食べるものなのに、どんな悪い成分が入っているの?

今回は、キャットフードに入っている怖い成分についてまとめました。

穀物

猫は肉食動物なので、基本的に穀物は必要としていません

しかし、キャットフードの原材料を見ると、トウモロコシや小麦などの
穀物でかさ増ししているものがあります。

猫の消化器官は穀物を消化するには不向きなので、食べ過ぎると
消化不良を起こして下痢や嘔吐の原因になります。
他にも、肥満やアレルギーの原因になることも。

原材料の一番初めに穀物が書かれているキャットフードは、
穀物でかさ増ししている可能性が高いです。

私も、スーパーで売っているキャットフードの原材料を確認してみましたが、
安いものは穀物が多く含まれているものばかりでした。
安いからって買うのは危険ですね。

4Dミート

キャットフードに含まれる成分で怖いものの2つめが、肉類です。
あなたは、4Dミートは知っていますか?

4Dミートとはアメリカの食肉ランクで、下記の4つの肉の頭文字をとったものです。

  • Dead (死んだ動物の肉)
  • Dying (死にかけた動物の肉)
  • Diseased (病気の動物の肉)
  • Disabled (障害のある動物の肉)

これらは人間の食用にはならないランクの肉です。
実は、安いキャットフードの中にはこれらの肉を使っているものがあるんです!
考えただけでも怖いですよね。

原材料に、家禽ミールなど○○ミールと書かれているものは注意が必要です。
ミールとは、人間の食用にはならない内臓や爪、皮、くちばしなどを
細かくすりつぶして加工したもの。4Dミートが含まれる可能性があります。

猫は肉食だから肉は大丈夫じゃないの?と思いがちですが、
肉自体の質もとっても大事。
こんな肉が入ったものを、大事な猫には食べさせたくないですね。

着色料

原材料に赤色○号、青色○号と書かれているのが着色料です。
着色料は、色取りを鮮やかにして飼い主の目を引くために使われます。
人間の食材にも、着色料をわざと使って色を鮮やかに見せているものは
たくさんありますよね。それと同じです。

猫にとっては全く必要ない成分です。
着色料の中には、発ガン性やアレルギーの原因になるものもあるので、
なるべく使ってないものを選びたいですね。

酸化防止剤

キャットフードは一度開封すると、空気に触れてどんどん酸化してしまいます。
この酸化を防いで品質を保つために使われるのが酸化防止剤です。

酸化防止剤の中にも人口のものと天然のものがあり、
危険性が叫ばれているのが人口の酸化防止剤です。

例えば人間の食品添加物として認められていないエトキシキン、
発ガン性があるとされるBHAなどがあげられます。

これらの酸化防止剤も通常の使用量ならば安全とされています。
ですが、なるべくなら添加物はとらないようにしたいですね。

私も、普段の食事はなるべく添加物フリーのものを選ぶようにしているので、
猫にも無添加のものをあげたいと思っています。

どんなキャットフードを選んだら安全?

キャットフードに含まれる怖い成分はたくさんあります。
100%安全と言い切れるものは存在しません。
でも、なるべくなら安全なものを選ぶにはどうすればいいでしょうか?

グレインフリーのキャットフードを選ぶ

グレインフリーとは、穀物が入っていないキャットフードです。
グレインフリーのキャットフードは、消化が良く、アレルギーや肥満に
なりにくいです。

最近では、グレインフリーを売りにしている商品もたくさんあるので
たくさんの種類から選ぶことができますよ。

○○ミールと書かれていないものを選ぶ

○○ミールと書かれているものは、4Dミートを使っている可能性があります。
原材料にチキンやサーモンなど、具体的な名前が書かれているものを選びましょう。

私も色々なフードの原材料をチェックしましたが、○○ミールと書いているフードは、
思った以上にたくさんありました。

パッケージにチキンたっぷり!などと書いてあってもだまされちゃいけないですね。
もしかしたら、4Dミートのチキンがたっぷりかもしれません。

添加物の少ないものを選ぶ

着色料や酸化防止剤など、なるべく添加物が入っていないものを選びましょう。

酸化防止剤も、人口のものではなく天然のものを選ぶのがおすすめです。
ローズマリーエキスやミックストコフェロールは天然の酸化防止剤です。
原材料をチェックしてみるといいですよ。

プレミアムフードを選ぶ

病院やペットショップで売っているプレミアムフードは、
添加物や原材料について安全なものを使っているフードが多いです。

少し値段が高くはなりますが、プレミアムフードの中からキャットフードを
選ぶのがおすすめですよ。

ただ、プレミアムフードだから絶対に安心安全というわけではありません。
あなたの目で確認して、これなら猫が食べても大丈夫と確信できるものを選んでください。

まとめ

  • 穀物は猫にはいらない
  • 4Dミートを使っているキャットフードもある
  • 着色料・添加物は発ガン性の危険がある

何気なくあげていたキャットフードですが、こんなに怖い成分が
含まれていたのかもと思うとぞっとしますよね。

猫は自分でキャットフードを選ぶことはできません。
猫の体を守ってあげられるのは私しかいないんだと改めて実感しました。

あなたも、大事な猫を守るためにキャットフードの選び方を見直してみてくださいね。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫全般
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.