猫全般

空腹だニャー!!猫の最適なご飯の時間について!

投稿日:

あなたは、おうちの猫ちゃんに一日何回ご飯をあげていますか?
1回?2回?それとも3回でしょうか?

ご飯とご飯の間があくと、その分だけ猫ちゃんは空腹を感じてしまいます。
一体、一日何回ご飯をあげるのが良いのでしょうか?
また、空腹は猫ちゃんにどんな影響があるのでしょうか?

猫ちゃんの一日のごはんの回数について

さて、一般的には一日2回朝と夕方~夜に、猫ちゃんにごはんをあげている方が多いのではないでしょうか?
うちは朝7時と夕方18時の一日2回のごはんを、猫ちゃんにあげています。

日中は仕事などがある…という飼い主さんの都合で、そのパターンになることが多いと思います。
実は、このタイミングは猫ちゃんにとっても、ベストだったのです。

一日2食が猫ちゃんにとっていい理由

飼い主さんの中には
「猫ちゃんに、好きな時にごはんを食べて欲しい!」
と、朝一日分のごはんをおいて、それっきりの方もいるかもしれません。

でも、それは猫ちゃんの健康によくないのです!

実は、一度にたくさん食べることは、猫ちゃんの肥満につながってしまうのです。

また、猫ちゃんは
「一日にごはんを一回しかもらえないから、しっかり食べておかなくちゃ!!」
と、焦って早食いになってしまいます。

その結果、ごはんを吐き出してしまうこともあります。

また、一日のごはんの回数が多くなると、猫ちゃんの膀胱に負担がかかってしまいます。

猫ちゃんが食事をすると、食べたものを消化するために胃の中に胃酸が分泌されます。
すると、体内の酸(塩素)が胃に集中しますので、尿に出される酸が減ります。
その結果として、尿pHはアルカリ性に傾くのです。
出典:http://www.petline.co.jp/note/cat/sick/diet/

ご飯の頻度が多いと、おしっこが結晶化してしまい、尿結石膀胱炎になってしまうことがあるのです。

以上の点から見て、一般的な一日2回のごはんがバランスが取れているといえます。

猫ちゃんの食事の回数が多いほうがいい場合

さて、上記では一日2回のご飯が猫ちゃんの健康に良いということに触れました。

でも、中には例外もあります。

子猫ちゃんの場合

子猫ちゃんは、まだ消化器がきちんと発達していません
ですので、一日に3~4回と小分けにしてあげたほうがよいでしょう。

吐きぐせのある猫ちゃんの場合

猫ちゃんは、空腹を感じると吐いてしまう習性があります。
日常的に空腹時間が長く、吐くことが多い猫ちゃんには、一日3回程度に分けてご飯をあげたほうがいいでしょう。

あまりご飯を食べない猫ちゃんの場合

夏バテ気味でご飯を食べない、または体質的に一度にそれほどご飯を食べられない子も、ご飯は小分けにしてあげたほうがいいでしょう。

まとめ

猫ちゃんに最適な食事の回数は一日2回です。

猫ちゃんは1日の食事回数が少なすぎると、食いだめをしょうとドカ食いをしてしまいます。
また、空腹時間が長いと、嘔吐をしてしまいます。

また、ご飯の間隔が狭く空腹時間が少ないと、猫ちゃんのおしっこはアルカリ性に傾き、膀胱のトラブルの原因になります。

ただし、以下のケースの猫ちゃんには、様子を見ながら小分けにしてご飯を与えたほうがよいでしょう。

  • 体が未発達の子猫ちゃん

  • 空腹による吐きぐせのある猫ちゃん

  • 少食気味の猫ちゃん

いずれにしても、一日に与える量は飼い主さんがきっちりと計算しましょうね!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫全般
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.