猫の品種・種類

三毛猫はほぼメスしかいない!希少なオスの値段とは?違いは?

投稿日:

三色の毛色が可愛らしい三毛猫。
その日本猫らしい特徴から、海外でも人気が高いそうですよ。

そんな三毛猫のほとんどはメス猫で、オス猫はかなりの高値がつくんです!
この記事ではそんな三毛猫の"オス・メスの違い"を紹介します。

オスが産まれる確率は3万分の1!

日本にいる三毛猫はほぼメス猫です。
オス猫が産まれる確率は"3万分の1"と、かなり希少なので数百~数千万円で取引されているようですよ。

通常の三毛猫の遺伝子構造ではオスが産まれるはずはなく、異常があった場合にオスが産まれているので希少なんですね。

しかし遺伝子の異常により産まれてしまった三毛猫のオス猫は繁殖能力を持たない事がほとんどなのです。
繁殖できる三毛猫のオスであれば、価格はさらに高くなるでしょう。

他にも「身体が弱い」や「寿命が短い」といわれることもありますが、データを取れるほど数がいない現状でもあります。
もしも触れ合ったり迎える機会があれば、丁寧に接してあげたいですね。

三色は性別遺伝子と色柄遺伝子によって表現される

まず、猫に限らず性別はオス(XY)・メス(XX)の染色体によって決まりますよね。

三毛猫の毛色は基本的に"白・黒・茶色(オレンジ)"の3色です。
白と黒の遺伝子は常染色体の上に存在しているのでオス・メス両方に現れます。
しかし、茶色を表現するにはO,o型遺伝子がX染色体に乗らないといけないのです。

なので、Xを1つしか持たないオスは基本的に1,2色の毛色となります。

三毛猫のオスというのは染色体異常(クランフィルター症候群)により、染色体が(XXY)に変わっている場合が多いです。
この異常を起こして産まれる事が滅多にないので、希少なんですね。

出生の理由が奇跡に近いものなので、三毛猫のオスは幸福を呼ぶといわれても納得できます。
これからの人生で見かける事があるのかは謎ですが、チャンスがあればぜひ撫でてみたいですね!

三毛猫のメスを探すなら里親募集で

そもそも三毛猫とは古来より日本にいる日本猫が繁殖を重ねたもので、いわゆる雑種なんです。
純血品種の中にも三色の猫はいますが、その場合は「キャリコ」や「トライカラー」と呼ばれているんですよ。

日本猫の三毛猫を飼いたいと思っているのなら、里親募集サイトを利用することがおすすめです。
地域の保護団体に問い合わせてみるのも良さそうですね。
里親譲渡の条件にもよりますが、ワクチン代などだけで引き取れる事がほとんどなのですよ。

日本猫でない三毛猫でも良いのならば、ペットショップでも見つかる可能性があります。
メスであればその純血種の基本の流通価格で購入できる事が多いです。

純血種の中でも、三色の毛色が現れやすい品種をまとめてみました。

  • マンチカン

  • スコティッシュフォールド

  • ブリティッシュショートヘア

  • アメリカンショートヘア、など

ブリーダーや、繁殖販売をしている猫カフェに問い合わせてみるのも良いと思います。
三毛猫を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

  • オスの三毛猫には滅多に出会えない

  • オスは遺伝子の異常で産まれてくる

  • メス猫であれば飼育できる可能性は高い

「三毛猫はメスしかいない」と噂程度で聞いたことはありましたが、遺伝子上の理由によるものだったんですね。
これほど希少であれば高価な理由もうなずけます。
メスであっても愛らしい事には変わりありませんが、やっぱり1度は見てみたいかも…。

そんな奇跡の三毛猫のオスに出会えたら、良いことがあるかもしれませんね!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫の品種・種類
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.