猫全般

猫が痩せすぎ!?その原因と解決方法とは?

投稿日:

「最近うちの猫ちゃん、ちょっと痩せてきた?」
そういえば、ご飯あまり食べていない気がする…。
食欲はあるのに…何か病気なのかな?

飼い主さんなら当然、心配になりますよね。

猫ちゃんの体重について

まずは猫ちゃんの適正体重と、痩せすぎの判断基準を見ていきましょう。

猫ちゃんの適正体重

猫ちゃんは色々なサイズの猫種がいますので、「何kgが適正体重である」とひとくくりにはできません
シンガプーラは成猫でも3kgにも満たない子も多くいますし、ノルウェージャンフォレストキャットならば大きくて8kgくらいまで成長する子もいます。

ここでは一例として、日本猫などの標準的サイズの子の体重を見ていきます。

誕生したばかりの赤ちゃん猫は約100~120g
生後1週間で約200~250g
生後2週間で約250~300g
3週間で約300~400g
生後1ヶ月で約400~500g
生後2ヶ月で約950~1000g
生後3ヶ月で約1~1.5kg
生後6ヶ月で約2.5~3kg程
生後9ヶ月で約3~3.5kg
1歳になると約3.5~4.5kg
出典:http://nyannko.com/neko-taijuu-hakarikata-633

標準的サイズの猫ちゃんは1歳になったあたりから成長が止まるので、これ以降の成猫の平均体重はあまり変動しません。

では、痩せすぎとはどういう状態なのでしょうか?

猫の痩せすぎとは?

猫ちゃんの肋骨あたりを触ってみましょう。
もし肋骨が指でしっかり確認できるくらいに浮き出ていたら、痩せすぎです。
猫ちゃんを上から見た時に、もしウエストのあたりがキュッと細くくびれていても痩せすぎです。

その猫種の適正体重の60%しか体重がないときも、痩せすぎの心配があります。

猫ちゃんが痩せる原因

ではなぜ猫ちゃんが痩せてしまうのでしょうか?

食欲はなく、痩せてくるパターン

猫ちゃんの食欲がないのは、もしかするとお口のトラブルがあって痛くて食べられないのかもしれません。

また、ストレスで元気がなくなって食欲も落ちていることも考えられます。
うちの猫ちゃんは、新人猫ちゃんがきた途端に痩せてしまいました…。

また、お年寄り猫ちゃんは腎臓の病気で食欲がなくなっている可能性もあります。

何らかの病気が疑われる・あるいは原因がわからないときは、すぐに病院で診察してもらいましょう。

食欲があるけれど痩せてくるパターン

ご飯をキチンと食べているのに、どうして痩せてきてしまうのだろう…

そんなときは寄生虫甲状ホルモンのバランスが崩れたことが原因かもしれません。

これらの場合猫ちゃんは一見元気そうに見えるので、しっかりと飼い主さんが猫ちゃんの体の具合を見極める必要があります。
そうして、やはり病院で適切な治療を行いましょう。

猫ちゃんの食欲改善方法

猫ちゃんがご飯を食べないときは、ご飯を工夫して体重を元に戻すようにしてあげましょう。

食事は新鮮なものを

猫ちゃんはおいしい匂いがするご飯を食べたいのです。
もしご飯を置きっぱなしにしておくと匂いが薄くなって、猫ちゃんの食欲も落ちてしまいます。

キャットフードは、

  • 小袋タイプのものを選ぶ
  • しっかり密封して保存する
  • 幼い猫ちゃんやお年寄り猫ちゃんにはお湯を少しかけて香りを引き出したフードを与える

など、嗅覚に訴える食事を与えてみましょう。

高タンパク・高カロリーのご飯を与える

少食の猫ちゃんに無理やりご飯を与えることは難しいです。

そういう時は、少量でもしっかりタンパク質やカロリーをとれるタイプのキャットフードを与えてあげましょう。

また、いくら食が細いといってもずっと高カロリーな食事を続けると猫ちゃんの体に負担がかかってくるので、あまり長期間にわたって与えるのは避けましょう

猫ちゃんにストレスがかからないようにする

猫ちゃんはデリケートな生き物ですから、ストレスが食欲に影響を与えることもあります。

環境の変化や天気の変化に敏感ですから、なるべく猫ちゃんがリラックスできる環境を用意し、エアコンやヒーターなどで温度にも気を配りましょう。

ちなみに、新入りちゃんがストレスで食欲不振になったうちの猫ちゃんは、ご飯は別室でひとりにしてからあげていました。

あとはフードを一日何回か小分けにして与えるようにして、なるべくその猫ちゃんの相手を優先するようにしていきますと、だんだんと体重が戻っていきました。

まとめ

猫ちゃんが痩せる原因はいろいろあり、それによって対処方法も変わってきます。

  • 匂いに敏感な猫ちゃんには、香りが良いフードを与える

  • 小食な猫ちゃんには、高タンパク高カロリーのフードを与える

  • ストレスで食欲が落ちた猫ちゃんには、快適な空間を作ってあげる

  • 病気の疑いのある猫ちゃんは病院で診察してもらう

常に猫ちゃんと触れ合って、ちょっとした体の変化に気をつけておきたいですね!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫全般
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.