猫全般 猫のご飯・健康管理

最近、猫の毛並みが悪くなったけど、それはどうして!?

投稿日:

猫ちゃんのフワフワとした毛並みって、大きなチャームポイントですよね。
そんな猫ちゃんの毛並みは、健康のバロメーターでもあります。

おうちの猫ちゃん、毛並みはきれいですか?

もし、最近猫ちゃんの毛並みが悪くなってきたようならば、健康状態も良くないのかもしれませんよ…?!

猫ちゃんの毛並みが悪くなる理由

さて、猫ちゃんの毛並みが健康と比例するなんて、驚きですよね?
でも、人間だって肌ツヤと健康は関連していますよね?

それでは早速、猫ちゃんがどういう時に毛並みが悪くなってしまうのか、その理由を見てみましょう!

栄養不足

猫ちゃんが十分に栄養を摂取できていないと、たちまち被毛の状態に影響が出てしまいます。
また、油分を十分に摂取していないと、毛のパサつきの原因になります。

毛づくろいが行き届いていない

猫ちゃんは、自分で毛づくろいをすることで、毛のお手入れをしていますよね?
これがきちんと出来ていない時も、猫ちゃんの毛並みに影響が出てしまいます。

実はこの毛づくろいができない理由、口腔内の荒れが原因のこともあるんです。
口内炎などお口の中に炎症が出来ていて、痛くて体を舐められないことがあるんです。

内蔵にトラブルを抱えている

内蔵などの体の内面の問題が、毛並みに現れることもあります。
元気がない、食欲がないなどほかの症状も見られることも多いです。

猫ちゃんの毛並みを改善する方法

猫ちゃんの毛並みが悪くなってしまう原因は、上記のようにいろいろあります。
それでは、猫ちゃんの毛並みをよくする方法も見ていきましょう!

ごはんの内容を見直す

まずは、猫ちゃんの栄養状態を良くしましょう。
猫ちゃんの体を作る上で、上質なタンパク質は、まず必須と言えるでしょう。

また、安価なフードは添加物が多いので、避けたほうがよいでしょう。
猫ちゃんの栄養バランスを考えて作られた、プレミアムフードをおすすめします。

ブラッシングをこまめにしてあげる

もちろん、外からのアプローチも大事です。

短毛の子でも、2日に1度はブラッシングをしてあげたいですね。
長毛の子は、毎日してあげてくださいね。

また、長毛の子で毛玉ができやすい子は、特に気をつけてください。
放っておくと毛玉は大きくなってしまい、ほぐすことが大変になります。

うちの長毛猫ちゃんは、毛玉処理が大変すぎて体の毛を剃るしかなかったこともあります。
こまめに毛玉チェックもしてくださいね。

病院に連れて行く

口腔内の炎症や内臓疾患の場合は、病院に連れて行きましょう。
きちんとお医者さんに診察してもらってくださいね。

まとめ

猫ちゃんの毛並みは、猫ちゃんの健康状態を表します。

  • 栄養不足

  • 口腔内の炎症で毛づくろいができない

  • 内臓疾患

などの理由で、猫ちゃんの毛並みが悪くなってしまうことがあります。
日頃から、猫ちゃんの栄養や健康状態に気を配るようにしましょうね!!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫全般, 猫のご飯・健康管理
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.