猫全般

猫の1日の塩分摂取量は、どれくらいがいいの!?

投稿日:

人間界では、長いこと減塩がうたわれています。
塩分の摂り過ぎは、体に毒です。

もちろん同じ動物である猫ちゃんだって、塩分の摂り過ぎは体に悪いのです。
では、猫ちゃんの1日の塩分摂取は、どれくらいがよいのでしょうか?

猫ちゃんが一日に摂っていい塩分量って、どれくらい?

さて、猫ちゃんの1日の塩分摂取量は、どれくらいがベストなのでしょうか?
これには、以下の計算式があります。

猫ちゃんの塩分摂取量の計算式

「3.1mg(ナトリウム量)」×「1日の必要カロリー」=「ナトリウム摂取量」
「ナトリウム摂取量」× 2.54 ÷ 1,000 =「猫が1日に必要な塩分の量」
1日400キロカロリー必要な猫の場合:1日に必要な塩分量は約3グラム
出典:https://nekochan.jp/cat/article/2447#anchor0

2回計算するのでちょっと大変ですが、一度おうちの猫ちゃんに当てはめて、計算してくださいね。

猫ちゃんが塩分を摂り過ぎたとき、どうなる?

では、猫ちゃんが塩分を取りすぎてしまうと、猫ちゃんの体はどうなるのでしょうか?
猫ちゃんの健康のために、飼い主さんはしっかり知っておきましょうね。

猫ちゃんが塩分を取りすぎてしまうと…

実は、猫ちゃんは塩分過多の食生活が続くと、腎臓や心臓に影響が出てしまいます。

まず猫ちゃんがかかりやすいのは、尿結石です。
ナトリウムが猫ちゃんの尿道で結石となってしまう、怖い病気です。

また、最悪の場合腎臓病心臓病を発症するおそれもあります。

塩分が多い食べ物は、どんなものがある?

もちろん、おうちの猫ちゃんを病気になんてしたくないですよね?

以下の食べ物は塩分が多いですので、気をつけましょう。

猫ちゃんの嗜好品

猫ちゃんおやつは、味付けの濃い塩分が多いものが多いです。
また、あげすぎは肥満の元にもなりますので、あくまでおやつとして、猫ちゃんには適量あげましょうね。

人間の食べ物

猫ちゃんの中で、鰹節やソーセージなど、人間の食べ物に興味を示す子はいませんか?
これは、絶対にあげてはいけません
猫ちゃんにとっては、塩分が多すぎます。

人間用に作られたものは、人間だけが食べるようにしましょうね。

まとめ

猫ちゃんの1日の塩分摂取量は、2つの数式から計算できます。

  • 「3.1mg(ナトリウム量)」×「1日の必要カロリー」=「ナトリウム摂取量」

  • 「ナトリウム摂取量」× 2.54 ÷ 1,000 =「猫が1日に必要な塩分の量」

猫ちゃんが塩分を摂り過ぎてしまうと、膀胱炎腎臓病・心臓病のおそれが出てきます。

猫ちゃんのおやつは味付けが濃いですので、与える量や頻度には気をつけましょう

また、人間の食べ物絶対に与えてはいけません

猫ちゃんが可愛いからといって、甘やかすのではなく、まずは猫ちゃんの健康を考えてあげましょうね!

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫全般
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.