猫コラム

思わずウットリ♪猫が喜ぶ上手な撫でる方法のコツとは?

投稿日:

ふわふわでゴロンと愛くるしいさまを見せる猫ちゃん。そのかわいらしさを見ていると、思わず撫でてかわいがりたくなるものです。

でも、ちょっと待ってください。
実は、猫ちゃんには撫でられると嬉しい場所と、そうでない場所があるのはご存知でしょうか?

撫でる場所によっては「もっと撫でて!」と喜ぶこともあれば、
「撫でるのやめて!」と嫌がることもあります。

そこで今回は、猫ちゃんにとって撫でると気持ちいい部位NGな部位をご紹介しつつ、猫ちゃんが気持ちよく感じる撫で方をご説明していきたいと思います。

これであなたも、猫ちゃんを撫でるマスターになれるかもしれませんよ♪

猫ご機嫌!撫でるとうれしい体の部位とは?

猫ちゃんにとって撫でられると思わず「たまらん!」となる部位があるのはご存知でしょうか?

猫ちゃんも思わす「もっと、もっと!」と叫びたくなるような撫でるのにオススメの部位をご紹介していきます。

猫ちゃんを撫でる前に、まずは撫でると喜ぶ体の部位を理解しておきましょう。

あごの下・首周り

あごの下から首周りにかけては、猫ちゃんにとって撫でられると思わずウットリしちゃう部位です。

撫でられるのが苦手な猫ちゃんでも、「まあ、ここだったら許してあげる」となるくらい、
猫ちゃんにとって撫でると気持ちいい場所なのです。

まずは、あごの下から首周りにかけて軽く撫でるようにして、徐々に撫でる範囲を広げていくとよいでしょう。

額・鼻すじ・頬

猫ちゃんの可愛いポイントである額や鼻すじ、頬部分も、実は撫でられると嬉しくなる部位です。

あごの下や首周りのように、これらの部位にも臭腺があるため、
猫ちゃんがマーキングする意味でも、触られたり撫でられるのが気持ちいい部位なのです。

耳の後ろ

基本的に、猫ちゃんが毛づくろいや後ろ足などでかいたりする部位は、「気持ちのいい場所」なのですが、耳の後ろも猫ちゃんを撫でるのにオススメスポットなのです。

あまりに気持ち良すぎて、中には「ゴロニャン♪」とウットリしてごろん、とおなかを出してしまう子も。

コツとしては、耳の裏からあごの下にかけて、優しく、こしょこしょとくすぐるように撫でることです。

背中

猫ちゃんの体の中でも一番面積が広い背中は、一番触りやすく、猫ちゃんにあまり慣れていなくても撫でやすい初心者向けの部位と言えます。

猫ちゃんが気持ちよく感じる背中の撫で方のコツとしては、手のひらで毛の流れに沿って優しくマッサージするようにさすることです。

こうすると、猫ちゃんも背中の凝りが和らぐのか、ウットリと目を細めて気持ち良さそうにしてくれます。

猫にとってNGな、撫でてはいけない体の部位とは?

猫ちゃんにとって「ここを触られるのはいや!」となる体の部位もあり、場合によっては引っかかれたり、噛まれたりして思わぬ事故に発展することも。

そのため、あらかじめ猫ちゃんにとって撫でるのはNGな部位も理解しておきましょう。

尻尾

猫ちゃんにとって尻尾は、体のバランスをとったり排泄などに重要な働きをするための部位であり、
その研ぎ澄まされた感覚を保つためにたくさんの神経や筋肉によって構成されているデリケートな器官です。

そのため、尻尾を握ったり、触ったりするのはむき出しの神経をつかまれるのと同じであり、猫ちゃんにとって大変な苦痛なのです。

ちなみに、尻尾の付け根当たりを撫でると喜ぶ猫ちゃんも少なくありませんが、
やはり神経と筋肉が集中する部位なので、長時間撫で続けたり、
あまりに強く撫でると嫌がりますので、加減して撫でるよう注意しましょう。

お腹

人懐っこい猫ちゃんや、飼い主に良く慣れている猫ちゃんはよくゴロンと転がってお腹を見せることがあります。

ですが、**お腹は猫ちゃんに限らず、動物全体にとって急所でもあります。

**そのため、お腹を撫でるのは、よほど信頼関係を築いていない限り避けるべきです。ましてや、お腹を見せていないのに無理に撫でるのはご法度です。

もし、お腹を撫でてほしいしぐさを見せたら、優しく、力を入れずに毛の流れに沿って撫でるようにしましょう。

猫も思わずウットリ♪上手な猫の撫で方とは?

猫ちゃんにとって気持ちの良い撫で方のコツは、毛の流れに逆らわず、優しく、リラックスした状態で、かつ猫ちゃんと目線を合わせず、姿勢を低くして、猫ちゃんの体の下から横あたりから手を差し出すことです。

猫ちゃんは、目を合わせると「あ、もしかして敵意があるのかな?」と思い、警戒してしまったり逃げてしまいます。

まずはこちらに敵意がないことを示すために、目を細めたり、瞬きして「敵意は無いよ」とアピールしましょう。そうすると猫ちゃんも安心してくれます。

また、猫ちゃんは自分より体の大きいものや上からくる手に対して恐怖心を抱きます。中には、手に向かって攻撃する子もいるので、思わぬ事故につながることも。

そのため、撫でるときは必ず姿勢を低くして撫でる手を猫ちゃんの体の下、あるいは横から出すようにしましょう。

何より、猫ちゃんを撫でるときは、引き際も大切です。もし猫ちゃんが嫌がるそぶりを見せたら、即座に撫でるのをやめましょう。

まとめ

  • 猫ちゃんにとって撫でられると嬉しい部位がある
  • 撫でられると猫ちゃんが嫌な気分になる部位もある
  • 猫ちゃんが怖がらないように、優しく撫でてあげる

猫ちゃんが撫でられると喜んだりウットリと気持ちよさそうにする部位について、理解いただけたと思います。

また、「そこは触ってほしくない」という部位もあり、無理やり撫でたりすると猫ちゃんも嫌がって場合によっては事故につながることも少なくないことも分っていただけたでしょう。

愛くるしくて思わず触ったり撫でたくなる猫ちゃんですが、むやみに触ったりするとかえって猫ちゃんにとって「嫌な気持ち」になってしまいます。

まずは猫ちゃんの気持ちや習性を理解し、撫でるときも優しくしてあげ、嫌がったらやめるという引き際を理解することが重要です。

おすすめプレミアムキャットフード



高品質なキャットフードを愛猫に与えたい方におすすめなのがカナガンのキャットフードです。

カナガンのキャットフードはグレインフリー、つまり穀物が入っていません。

カロリーを考えた場合穀物は非常に効率的ですが、本来猫は穀物を多く必要としない生き物なため、カナガンの研究者はなるべく自然に近いものを開発しました。

人間でも食べられるタンパク質に、卵のビタミンA、ビタミンB2、鉄分。サーモンオイルのDHAなど猫に必要な栄養がたっぷり含まれています。

自然な食事バランスをとれるよう、高品質な素材を使って作られているのがカナガンキャットフードです。

 



-猫コラム
-

Copyright© ネコといっしょに♪キャットフードから健康まで猫の総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.